• みずき書林

「いい人になる」

昨日、43歳になりました。

吉永小百合と同じ誕生日だということを知りました。



さて、43歳の(というかこれから先の)抱負は、

「いい人になる」

です。


この歳になってそんなことを言い始めるのは、遅いといえば決定的に遅いんだけど、最近、ようやく気が付きました。



子どもの頃は、クールで才気走ったキャラに憧れたりもしたものです。

ちょっと斜に構えて、皮肉っぽい冗談を口にして、あえてひとりでいることを好んで背中を丸めているような。

このあたり、誰のせいでもないんだけど、強いて挙げれば、筒井康隆とウディ・アレンの影響があるかもしれぬ。初期春樹と初期ジョン・レノンも、もしかしたら吉行淳之介も、影響を及ぼしているかも。


んで。この歳になって、そういうペシミスティックな鋭さやシニカルな機知みたいなものは、自分には似合わないと気づきました。

別になにか決定的なトリガーがあって気づいたわけではなく、なんとなく思っていたことが、ここ数年で腑に落ちたということでしょうか。


結局のところ、根が善良で特別な才能もなく基本的に育ちのいい人間が、世間様に関わっていこうとするなら、面白さよりも親切さのほうが圧倒的に求められる。


できるかぎり真面目に。丁寧に。

それ以外にベターな方法はないのよ。



まあ、そう簡単には変われないから、あいかわらずバカなことを口走ってまわりをうんざりさせることもあると思うけれど、ともあれ、後半戦もよろしくお願いいたします。



最新記事

すべて表示

石原吉郎とことば――ウェビナー雑感②

4月18日(日)のウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 当日、おそらく一番の焦点のひとつであった、平和博物館と遊就館について、ひとつ前の記事に長々と感想を書きました。 当日の質疑応答ではそのあたりに議論が集中したのですが、それ以外にちょっと備忘録として残しておきたいことがあるので、重ねて書きます。 このエントリーでちょこっと書いておきたいのは、

私たちの現在地の内と外――ウェビナー雑感①

この週末、4月18日(日)に、ウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 が開催されました。 小社の刊行物を中心にしたセミナーが開催されたこと(参加者もかなり多かったとのことです)、大変光栄なことでした。 以下に、本書の編集担当としての若干の感想を書いておきます。 僕は編集担当者ではありますが、気持ちとしては、非アカデミシャンの一市民という感覚で視聴