• みずき書林

「えーと」っていうな。二度と。



この週末のジュンク堂書店でのオンラインイベントを見直して愕然としました。


冒頭にみずき書林代表岡田という者が、3分ほど前口上を述べました。

書籍の紹介、イベントの主旨、登壇者の軽い紹介、といったどうということのない話です。

ところがこのわずか3分ほどの間に、この男は「えーと」ということばを約1万回ほど言うのです。


とにかくもう、途中からは「えーと」が気になって話に集中できない。

考えながら喋っているのだろうが、文節ごとにこのフィラーが挿入され、耳障りなことこの上ない。



昨日は春セメのスタートで、いろいろな懸念(10人以内くらいと伝えられていた受講者が実際には80人いて、そのことを知らされたのが土曜日。しかもそれだけの人数が対面とオンラインに分かれるなかでグループワークをしようという、地獄のようなオペレーション)のわりには、比較的うまく初回の講義をこなしたと思っていました。


でもどうせ、この講義中にもざっと1億回くらい「えーと」と発話していたに違いないのです。

初回を終わっての学生たちの感想は、授業の内容などではなく「えーとが多い」だったに決まっているのです。



いいか。

もうお前は、一生分の「えーと」を言った。

これから先、二度と――最後の息を吐きだすその時まで――「えーと」って言うな。

いいな。



今日は創業記念日です。

3歳になりました。

3歳の目標は、「えーと」って言わない。です。

最新記事

すべて表示

病気について

みずき書林/岡田林太郎に関わってくださる皆さまへ 先月の15日から31日まで、腸閉塞で入院していました。 開腹手術をして大腸を半分ばかり切除しましたが、おかげさまで手術は成功し、いまは退院して日常生活に戻っています。 ただ、その治療と検査の過程で、胃に癌が見つかりました。 スキルス胃癌という進行の早い厄介な癌で、それがすでに大腸に転移していました。つまり、ステージ4です。 ステージ4のスキルス胃癌