• みずき書林

「えーと」っていうな。二度と。



この週末のジュンク堂書店でのオンラインイベントを見直して愕然としました。


冒頭にみずき書林代表岡田という者が、3分ほど前口上を述べました。

書籍の紹介、イベントの主旨、登壇者の軽い紹介、といったどうということのない話です。

ところがこのわずか3分ほどの間に、この男は「えーと」ということばを約1万回ほど言うのです。


とにかくもう、途中からは「えーと」が気になって話に集中できない。

考えながら喋っているのだろうが、文節ごとにこのフィラーが挿入され、耳障りなことこの上ない。



昨日は春セメのスタートで、いろいろな懸念(10人以内くらいと伝えられていた受講者が実際には80人いて、そのことを知らされたのが土曜日。しかもそれだけの人数が対面とオンラインに分かれるなかでグループワークをしようという、地獄のようなオペレーション)のわりには、比較的うまく初回の講義をこなしたと思っていました。


でもどうせ、この講義中にもざっと1億回くらい「えーと」と発話していたに違いないのです。

初回を終わっての学生たちの感想は、授業の内容などではなく「えーとが多い」だったに決まっているのです。



いいか。

もうお前は、一生分の「えーと」を言った。

これから先、二度と――最後の息を吐きだすその時まで――「えーと」って言うな。

いいな。



今日は創業記念日です。

3歳になりました。

3歳の目標は、「えーと」って言わない。です。

最新記事

すべて表示

昨日の続報

昨日のブログを書いてから、その夜、ひさしぶりに前職の同期に会いました。 そしたら、ブログ記事を吸い出す件、なんとかなると思うと言ってくれて。 で、翌日の今日には、早くも「ブログ記事を全件ダウンロードするプログラム書いたから、明日にでも全件処理するね」というメッセージが。 魔法使いか。 その手のことに全く詳しくない僕は、唖然とするしかありません。 ほんと、ありがとう。 これで懸案がひとつ解決したよ。

【重要】How to close my company

以下、なんだかパッとしない話ですが。 みずき書林はこれからも続けていくつもりですが、もしこれから先、存続させることができなくなったときのことも考えておかないといけません。 実は、継続性については、ひとり乃至小規模出版の最大の弱点であり、まだ歴史の浅い小規模出版の世界では、ノウハウが確立されていない問題でもあります。 つまり、ひとりや少人数でやり続けた場合、その人(たち)がいなくなった場合に出版社は