• みずき書林

「なぜ」シリーズ、ダブル書評!


今週の「週刊読書人」に、

なぜ戦争体験を継承するのか

なぜ戦争をえがくのか

のダブル書評が掲載されています。


「質量ともに重厚な論集としなやかで率直な語りに満ちた素敵な対話集」


「自分たちや未来の世代にとって新たに“生きられた意味”を創造する力こそ私たちに必要なのだと、二冊は主張しているのではないだろうか」


と、とても嬉しく長文の評をいただきました。

同一版元の2冊を同時に書評するというケースはあまり例がなく、そういう意味でもありがたい取り上げられ方でした。


個人的には、


「出版事情が厳しいなかで、こうした貴重な成果を刊行した出版社の“心意気”に感動する」


という一節も、ほんとうにありがたいものでした。


評者は日本大学教授の好井裕明先生。

ダブルで書評するというアイデアを「読書人」に働きかけてくださったのは、『なぜ戦争体験を継承するのか』編者の蘭信三先生です。

ありがとうございます!




最新記事

すべて表示

8月中の記事掲載まとめ

僕が倒れていた8月中に掲載された書評・紹介記事などをまとめておきます。 ★「東奥日報」8月9日(月)★ 『母と暮せば』 評者:青来有一さま 「カトリック信徒への差別やGHQが被爆者を調査はしても治療はしなかった非道な扱いへの怒りを、劇作家がしっかり仕込んでいるのを見逃してはならない」 ★「公明新聞」8月9日(月)★ 『なぜ戦争体験を継承するのか』 評者:福間良明先生 「それにしても、「なぜ戦争体験