• みずき書林

「なぜ~歴史実践」2冊の情報アップ

なぜ戦争体験を継承するのか――ポスト体験時代の歴史実践


なぜ戦争をえがくのか――戦争を知らない表現者たちの歴史実践


の詳細ページをアップしました。

上記をクリックして予約可能となっていますので、よろしくお願いします!

例によって、Amazonでの予約よりは絶対に確実に、かつ早くお届けできます。



この2点は、ほんとに思い入れを持って作っています(←ぜんぜん現在進行形で作業中)。


もちろん今までの本も、それぞれに異なった方向性と強度を持つ思い入れがありました。

でも、いろいろと気が滅入ることや不安を感じることが多かった今年の春以降、正気を保ってなにがしかの希望を持つことができたのは、この仕事があったからなのは確かです。


それぞれ全然ちがう執筆者なのですが、

「なぜ」ではじまり「歴史実践」で終わるという似たタイトルを持つことになりました。

そこにも編著者たちそれぞれの思い入れと、共通する問題意識があります。


そういったことはまたあらためて書ければ。



特設ページも鋭意準備中。年明けには公開したい……


最新記事

すべて表示

石原吉郎とことば――ウェビナー雑感②

4月18日(日)のウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 当日、おそらく一番の焦点のひとつであった、平和博物館と遊就館について、ひとつ前の記事に長々と感想を書きました。 当日の質疑応答ではそのあたりに議論が集中したのですが、それ以外にちょっと備忘録として残しておきたいことがあるので、重ねて書きます。 このエントリーでちょこっと書いておきたいのは、

私たちの現在地の内と外――ウェビナー雑感①

この週末、4月18日(日)に、ウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 が開催されました。 小社の刊行物を中心にしたセミナーが開催されたこと(参加者もかなり多かったとのことです)、大変光栄なことでした。 以下に、本書の編集担当としての若干の感想を書いておきます。 僕は編集担当者ではありますが、気持ちとしては、非アカデミシャンの一市民という感覚で視聴