top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

「なぜ~歴史実践」2冊の情報アップ



の詳細ページをアップしました。

上記をクリックして予約可能となっていますので、よろしくお願いします!

例によって、Amazonでの予約よりは絶対に確実に、かつ早くお届けできます。



この2点は、ほんとに思い入れを持って作っています(←ぜんぜん現在進行形で作業中)。


もちろん今までの本も、それぞれに異なった方向性と強度を持つ思い入れがありました。

でも、いろいろと気が滅入ることや不安を感じることが多かった今年の春以降、正気を保ってなにがしかの希望を持つことができたのは、この仕事があったからなのは確かです。


それぞれ全然ちがう執筆者なのですが、

「なぜ」ではじまり「歴史実践」で終わるという似たタイトルを持つことになりました。

そこにも編著者たちそれぞれの思い入れと、共通する問題意識があります。


そういったことはまたあらためて書ければ。



特設ページも鋭意準備中。年明けには公開したい……


最新記事

すべて表示

もう一度ちからを

ずいぶん更新が滞りました。 まだ長い文章を書く余力がありません。 ただ自宅に戻り、療養しています。 どうか見守ってください。 ふたたび仕事をしたり、みなと会ったりする力を取り戻せますように。

1200件目、書いている本のこと

このエントリーが1200件目となります。 ここまで約5年間。1825日が経過しました。 そのうちの1200日分ブログを書いたということになるので、やはり3日のうち2日書き続けた、という感じでしょうか。 本当はもっと頻繁に更新したかったけど、現実的には2/3でも十分としなくてはならないでしょう。我ながらよく続いています。そしてここまでくれば、このペースをそう乱すこともなくこれからも続けていけそうです

打ち合わせなどいろいろ

今日はデザイナーさんと打ち合わせ。 ①『戦争社会学研究』の次号の装丁 ②新企画その1レイアウト ③新企画その2レイアウト の依頼。2時間ほど。NHKの取材も入る。 やはり人と会って仕事を前に進めるのは、楽しい時間だ。 特に今回は思い入れのある新企画がふたつあって、そのレイアウトについて話ができたのは喜ばしい時間だった。宗利さんにお任せすればきっと格好良くていいレイアウトになってくると信じられる。

Comments


bottom of page