top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

「わたしとはあなたでできている」


つくづく思うけれど、毎日、気持ちは変わります。

我ながら軽率なんじゃないかと思うくらい、気持ちは日々入れ替わります。


昨日はひどい気分でした。

今日はいい日でした。

それは午前中にもらった電話と、午後に会っていた人たちと、今日もらったいくつものメッセージのおかげです。


こうなる前までは、「大人は自分の機嫌は自分でとる」ということばに頷いていました。

毎日いろいろ起こるけど、大人たるもの、精神のバランスは自分で維持しないといけない。

いまでも基本的にはそのように考えています。でも、僕の精神のバランスは、周りにいてくれる人に強い影響を受けています。


今日ある方からもらったメッセージのなかに、こんな一節がありました。

「わたしとはあなたでできている」

心からそのとおりだと僕は思うのです。

このことばに共感しない人もいるでしょう。確固たる自己を自身のコアに持ち、何があろうと、他者など関係なく、そのコアを揺るがせないで生きていける人もいるのかもしれません。

でも僕はどうやらそうではないようです。


あなたが喜ぶと僕も嬉しいし、あなたが悲しむと僕もつらい。

クソみたいな気分のとき、あなたの何気ないひとことで僕は立ち直る。

あなたから好かれていると感じられるなら、その日一日上機嫌で過ごせる。

僕はあなたたちでできている。

願わくば、僕もあなたを形作っている一部でありますよう。


今朝電話をくれた友人は、過保護なオカンと愛情深い恋人と商品知識豊富な電気屋のスタッフが合わさったような熱心さで、僕の体調管理のための環境を整えてくれようとします。

昼にメールをくださった方は――実際に会ったのは一度しかないにもかかわらず、本作りの濃密なやりとりの結果、お互いに気が合うことを確信していて――一緒にもっともっと本を作りたいと書いてくださっていました。

午後に会っていたふたりは……地獄の地下4階で出会った、最良のパーティです。



こんな病気になって、サイテーだ。

でもこの数日、たくさんのメッセージをいただき、たくさんの話をして、たくさんの心遣いをいただき、僕はあなたたちから好かれていることを疑わなくてもいいと知りました。

そういうことを実感できるのは、むしろ幸福なことなのかもしれません。


毎日ころころ気持ちが変わって面目ない。

今日はいい日でした。



最新記事

すべて表示

引き続き倦怠感

またしばらく更新が滞りました。 この数日、倦怠感があったり、急に明け方に高熱が出たり、ちょっとだけ参ってました。 本当はこういうときこそブログや日記を書くべきなのかもしれません。 体調がよくて比較的平穏に過ごせているときだけでなく、ちょっと具体が悪いときほど、書き残しておくべきなのだと思います。 しかし頭ではそう思っていても、実際に具合が悪いと、なかなか思ったように書けません。 そういうときは時間

倦怠感が少し

昨日今日くらい、なんだか倦怠感が強く身体がうまく動かない感じ。 ここのところずっと点滴していたステロイドを半量に減らしたので、その影響もあるのだろうか。 身体に力が入らず、集中力に欠ける状態が続いていて、少しつらい。 まあ、こんな日もあるということで、できる範囲・できる時間で仕事をしていくしかない。 スピッツの新譜を聴きながら仕事。 あいかわらずのグッドメロディ。学生の頃から聞いてきた音楽。 なん

19日、20日の日記

5月19日(金) 昨日は実に眼福なものを拝見する。 公開してもいいものかどうかわからないのでここに詳しいことを書くことはできず、思わせぶりな書き方になってしまいけれど、本当に恐縮かつ光栄なことでした。 ごくごく身内にだけ見せて、感涙に咽んだのでした。 5月20日(土) 午後からイベント3連発。 13時から第4回聖書読書会。 マタイによる福音書。今日読んだ最後の節が、イエスがガダラの人を癒すというく

Comments


bottom of page