top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

「失うことを学ぶのだ」

日々体調は浮いたり沈んだり。

副作用のせいか、今日は食欲がほとんどなく、ずっとお腹が重たい感じ。


朝はエネルギーチャージ用のゼリー飲料。マスカットを3粒ほど。

昼はせいろそばを1枚。しかも完食できずに半分以上残してしまう。

夜はこれからだけど、素うどんくらいかな。

間食として甘いものをなるべく採るようにしているけれど、なかなか喉を通らない。

(あきらくん、さや、フルーツ大福がとても美味しい。フルーツっぽいものが今日は一番食べやすかった。どうもありがとう)


これまでずっと、食べることは、人生の大きな喜びのひとつだった。

それがもし損なわれるとしたら、こんなに悲しいことはない(ねえ、智秋さん)。

でも、それもいずれは受け入れないといけないことなのかもしれない。


午前中に渋谷でミーティング1件。

午後は小休止の後、メールの返信&いま進行中の企画のためのレイアウト見本制作。


11月刊行の本のゲラができあがってくる。

近刊『「いただきます」の人類史』の最終ゲラも出来上がっている。

明日はこれらを集中的に読んでチェックする日。

やることはたくさんある。



再び、メイ・サートンの本『独り居の日記』より。


「回復するために失うことを学ぶのだ。何ひとつ、たとえば痛み、それも心の痛みさえ、同じものとしてはとどまらないことを思い出すことだ。佇みつくし、すべてを過ぎ去らせるのだ。流れに身をゆだねるのだ」


「私には考える時間がある。それこそ大きな、いや最大のぜいたくというものだ。私には存在する時間がある。だから私には巨大な責任がある。私に残された生が何年であろうと。時間を上手に使い、力のかぎりをつくして生きることだ。これは私を不安にさせはしない」



最新記事

すべて表示

もう一度ちからを

ずいぶん更新が滞りました。 まだ長い文章を書く余力がありません。 ただ自宅に戻り、療養しています。 どうか見守ってください。 ふたたび仕事をしたり、みなと会ったりする力を取り戻せますように。

退院しています

昨日、退院して自宅に戻っています。 ただし体調は万全とはいかず、吐き気、お腹の張り、高熱に苦しんでいます。 せめてそのうちどれかひとつだけでも治ってくれるといいのですが。 昨日も今日も仕事を再開するなど本格的な再起動にはほど遠く、ただベッドで横になっていただけです。焦ってはいけないと言い聞かせつつ。

明日退院予定

今日退院予定でしたが、まだ病院にいます。 明日には退院予定です。 しかし体調は悪く、病状は一歩悪くなったという自覚があります。 吐き気とお腹の張りが慢性的にあり、苦しい。 点滴のほかに鼻とお腹からチューブが出ているから、見た目にもかなり痛々しいと思います。(次に僕に会う人は、引かないようにお願いします) 入院前のように普通に振る舞うことはもうできないかもしれません。長時間大きな声で喋ると吐きそうに

Comments


bottom of page