• みずき書林

「失うことを学ぶのだ」

日々体調は浮いたり沈んだり。

副作用のせいか、今日は食欲がほとんどなく、ずっとお腹が重たい感じ。


朝はエネルギーチャージ用のゼリー飲料。マスカットを3粒ほど。

昼はせいろそばを1枚。しかも完食できずに半分以上残してしまう。

夜はこれからだけど、素うどんくらいかな。

間食として甘いものをなるべく採るようにしているけれど、なかなか喉を通らない。

(あきらくん、さや、フルーツ大福がとても美味しい。フルーツっぽいものが今日は一番食べやすかった。どうもありがとう)


これまでずっと、食べることは、人生の大きな喜びのひとつだった。

それがもし損なわれるとしたら、こんなに悲しいことはない(ねえ、智秋さん)。

でも、それもいずれは受け入れないといけないことなのかもしれない。


午前中に渋谷でミーティング1件。

午後は小休止の後、メールの返信&いま進行中の企画のためのレイアウト見本制作。


11月刊行の本のゲラができあがってくる。

近刊『「いただきます」の人類史』の最終ゲラも出来上がっている。

明日はこれらを集中的に読んでチェックする日。

やることはたくさんある。



再び、メイ・サートンの本『独り居の日記』より。


「回復するために失うことを学ぶのだ。何ひとつ、たとえば痛み、それも心の痛みさえ、同じものとしてはとどまらないことを思い出すことだ。佇みつくし、すべてを過ぎ去らせるのだ。流れに身をゆだねるのだ」


「私には考える時間がある。それこそ大きな、いや最大のぜいたくというものだ。私には存在する時間がある。だから私には巨大な責任がある。私に残された生が何年であろうと。時間を上手に使い、力のかぎりをつくして生きることだ。これは私を不安にさせはしない」



最新記事

すべて表示

退院して、ひとまず体調を自分のコントロール下に置くことを目指しつつ、日々を過ごしています。訪問看護師の方たちの手厚い看護も本当にありがたい。 こうなってみると、かつての僕にはそれなりの気力や体力が備わっていたのだと思います。 いまはそれらが愕然とするほど落ちている。 ……いま、寝落ちして、この間に15分ほど空いた。 かける量も減った。 でもできる範囲のことを少しずつ。 ああ、もう、それしかないのよ

1週間前、退院。 自宅はすっかり在宅療養仕様。 介護ベッド。 手すり付きのトイレ。 ここをイメージしながら、最後のラスボスとの戦いをイメージする。