top of page
  • みずき書林

「奇跡的」に


前にも書いた通り、ここのところ体調がよい。

ずっと36度台の平熱が続き、痛みも吐き気もなく、気になるような体調の異変もありません。


ひと頃(ちょうど余命が1~2か月と言われた頃です)は明らかに具合が悪く、検査の数値的にもよくなかったのですが、そこから奇跡的に復活を遂げた感じです。

どうやらこの復活は、お医者さんや看護師さんにとっても意外だったようです。


そう。今日は訪問してくださる看護師さんからと、主治医の先生からと、ふたりから異口同音に「奇跡的に回復」ということばを聞きました。

どうやらいまの僕の体調の良さは「奇跡的」な幸運によるものらしいのです。


奇跡的ということは、いま僕は、とても薄くて細い崖っぷちを歩いているのも確かなようです。

いつその恩寵が外れても文句は言えませんし、(果たして僕がそんな奇跡に値する人間なのか、まったくわかりません)文句を言うつもりもありません。


今日のお昼は、年明け初めての散歩に出かけました。

妻に点滴グッズを持ってもらい、家の近所を30分ほど。

歩くのもわりと普通に歩けるようです。

生垣のサザンカが綺麗でした。

風がほとんどなくて、日差しが温かく感じられます。

周辺部が発光している雲が、真っ青な空を背景に流れていきます。

奇跡、と思うとあらゆる景色が目に沁みるようでした。



最新記事

すべて表示

新しく出版社を立ち上げた堀郁夫くんのブログを読んでいます。 もともとうちから刊行する予定だった『原爆写真を追う』の新刊情報もアップされました。四十手前の男を捕まえて何ですが、新しいことを始めるひとの初々しさを感じます。 今日は少し、いや、けっこう羨ましい感情が不意に湧き起こって眩暈がするようでした。 僕にはもう新しいことを始める余力はありません。いまやっていることのひとつに、遺言状の制作があります

bottom of page