top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

「川の中の大きな岩になること」

山田南平先生が、先日の往復書簡を受けてブログ記事を書いてくださっています

いつもブログを読んでくださり、ありがたいことです。

堀くんともども、励みになります。


『自省録』と般若心経の共通点について。

二十歳頃に般若心経に出会った山田先生が、それ以来ずっと指針にしてきたというのはちょっとした驚きでした。

首尾一貫したアーティストの人生には、やはり何らかの指針となるものがあるものなのでしょうか。興味深いことです。


「川の中の大きな岩になること」

ということばも、考えさせられるものです。


僕はいま病気を得て、なかなか難しい状況にあります。

医療に関して素人ですから、それに対してできることは、ほとんどありません。

信頼できるお医者さんと看護師さんたちに出会うことができたので、ほぼ一切をお任せして、あとは普通に暮らしているばかりです。

たしかに心穏やかに暮らせないこともあります。考えてみれば悲しかったり怖かったりすることもあります。

ただただ、生きていることが不思議だったりもします。

境地に達するというよりは、そうやって放っておくよりほかに方法がないという感じです。

そのなかで自然に感じられる内心の感情を大切にしたいと思っています。


最新記事

すべて表示

もう一度ちからを

ずいぶん更新が滞りました。 まだ長い文章を書く余力がありません。 ただ自宅に戻り、療養しています。 どうか見守ってください。 ふたたび仕事をしたり、みなと会ったりする力を取り戻せますように。

退院しています

昨日、退院して自宅に戻っています。 ただし体調は万全とはいかず、吐き気、お腹の張り、高熱に苦しんでいます。 せめてそのうちどれかひとつだけでも治ってくれるといいのですが。 昨日も今日も仕事を再開するなど本格的な再起動にはほど遠く、ただベッドで横になっていただけです。焦ってはいけないと言い聞かせつつ。

明日退院予定

今日退院予定でしたが、まだ病院にいます。 明日には退院予定です。 しかし体調は悪く、病状は一歩悪くなったという自覚があります。 吐き気とお腹の張りが慢性的にあり、苦しい。 点滴のほかに鼻とお腹からチューブが出ているから、見た目にもかなり痛々しいと思います。(次に僕に会う人は、引かないようにお願いします) 入院前のように普通に振る舞うことはもうできないかもしれません。長時間大きな声で喋ると吐きそうに

Comentários


bottom of page