• みずき書林

「返品了解書」のこと

他の業界の方にどこまで知られているのかわかりませんが、出版業界には、「返品」という仕組みがあります。


書店の店頭にある本は本屋さんのものではなく、出版社のものを一時的に預かって店頭に並べています。

よって、一定期間経っても売れなければ、出版社に返却してもいい、という仕組みです。

そして空いたスペースに新刊やより売れそうな本を置くことで棚を新陳代謝させて活性化させるわけです。


これを出版社のサイドから見ると、本屋さんの軒先を借りて、作った本を並べてもらっている、ということになります。

本屋さんは限りあるスペースを割いて、本を陳列してくれているわけです。

よって売れなかった本は戻ってくる、と。


まあ、ここまでは問題ありません。

岩波文庫などごく一部の例外を除けば、本屋さんが自分の店の本をぜんぶ買い上げて販売するというのは無理のある話なので、書店・出版社ともに納得のいくシステムだと思っています。


で、ここからは、出版業界の方以外はほとんど知らないであろう、かなりセンセーショナルな事実として書きますが、この返品を認めてもらうための書店と版元のやりとりは、いまだにFAXで行われています。


「返品了解書」というのですが、書店が「返品しますよ」と言い、書店が「OKですよ」とやりとりをして、はじめて書店はその本を返品できるわけです。

具体的には、下部の図版のようなものがFAXで送られてきて、それに必要事項を記入し、またFAXで返送するという手続きです。

やってみるとわかりますが、これを複数件処理するのは、けっこう手間がかかります。(そして版元にとっては、売れ残ったものが戻ってくるという手続きなので、決してテンションが上がる仕事ではありません)


画像は加工してあります。

いまはこの返品了解の手続きをあらかじめ廃している書店も多いですが、いまなおFAXで返品了解書を送信してくださる書店もかなりあります。

不勉強なことですが、いまだにFAXにこだわる妥当な理由を僕は知りません。



個々の書店を云々するつもりはありません。

しかし、いまだにFAXで送信し合う、というのは何とかならないものでしょうか。

まあ、ここに書いても詮無きことながら。



最新記事

すべて表示

昨日の続き。 備忘録として、過去のブログから参考になるテキストを。 思考実験としてのメンバー募集(上) 思考実験としてのメンバー募集(下) それから特定個人(堀郁夫君)に向けて、参考までに以下も。 不定期連載①―会社のつくり方 その1 不定期連載①―会社のつくり方 その2 不定期連載①―会社のつくり方 その3 (「その3」で力尽きて終わってるが、このペースで書き続けていたら、会社のつくり方をひとと