top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

『いかアサ』記事掲載~!


『いかアサ、』朝日新聞のブックサイト「好書好日」で紹介されました!




編者の岡本先生、小宮先生のインタビュー。

この本は、おふたりのアツさと高い能力によってわずか1年で完成しました。

ふたりの編者のチームワークは見事なもので、そこにはある種の役割分担がありました。

編集中、岡本先生は「小宮さんを前に出して、自分は下がって支える」という趣旨のことをしばしばおっしゃっていました。


このインタビュー内にも、

「本当に、小宮さんのように面白さを熱く語る人間が増えたら……」

という発言があります。



小宮先生が歌って踊れる甲冑姿の役者で、岡本先生は演出家、そして編集担当岡田は構成。

バンドでいえば、小宮先生がボーカル&ギターで、ベースの岡本先生とドラムの岡田がリズム隊。

サッカーでいえば、岡田がディフェンダー、岡本先生が司令塔、小宮先生がフォワード。

なんとなく、そんな役割分担でやってきました。


このインタビューのおふたりの掛け合いも、よく読むと、補足し解説し、ベースラインを奏で、パスを出す岡本先生の采配が見えてきます。



そして、


小宮 今、大学生の間に「ちゃんと就職しなきゃ」「安定しなきゃ」という意識が広まり過ぎていると感じます。勉強は楽しくないもので、楽しいことは追究してはいけない、と。(中略)もっとみんな適当に生きてもいいんじゃないかと思います。「うるせー、楽しいからやるんじゃ!」という志の低さの方がかえって(研究の道に)行きやすいかもしれない。



楽しいことを追究することを、あえて「志の低さ」と形容してみせる小宮先生、すばらしいですね。


研究も仕事も、志低く、いきたいものです。




最新記事

すべて表示

「川の中の大きな岩になること」

山田南平先生が、先日の往復書簡を受けてブログ記事を書いてくださっています。 いつもブログを読んでくださり、ありがたいことです。 堀くんともども、励みになります。 『自省録』と般若心経の共通点について。 二十歳頃に般若心経に出会った山田先生が、それ以来ずっと指針にしてきたというのはちょっとした驚きでした。 首尾一貫したアーティストの人生には、やはり何らかの指針となるものがあるものなのでしょうか。興味

Comments


bottom of page