• みずき書林

『いかアサ』読売新聞に広告


3月31日付読売新聞に広告を出しました(大阪・九州方面は4月1日掲載)。



今回は『いかアサ』1本打ちです。

新聞の出版広告はサンヤツと呼ばれます。3段8ツ割の略です。

決まった大きさのなかに8社分が並びます。

この本(に限らずですが)は、いいたいことがたくさんあって、とてもこのスペースに書ききれるものではありません。

しかしあまり字をたくさん入れて圧縮陳列をしてしまうと、活字が小さくなり、目立たなくなります。

いつも刷り上がったものを見ては、隣人たちの広告の並びのなかで反省したり知見を得たりです。



ついでながら、プレスリリース用のテキストも作りましたので、アップしておきます。


こちらは、書評依頼用にマスコミ方面に献本する際に、手紙とともに同封するものです。

こちらもあまり長いと読まれないので、A4オモテ面くらいにまとめないといけません。

そして、「本を通読しなくても、このペーパーさえあれば、短い書評やコラムくらいなら書ける」のが良いとされています。記者さんも書評者も忙しいですから、すべての本を熟読玩味している余裕はありません。

そこで(いささか言葉づかいは乱暴になりますが)、

「この本、面白そう」

と同時に、

「しかも、簡単に記事が書けそう」

と思わせるのが高等テクニックだとされています。


限られたスペース、限られた時間の中で、媒体によって過不足ないことばを綴る。とても難しいですね。

(ついでに書くと、ネット全盛のこの時代、日刊紙や月刊誌に広告や書評が載ったからといって、そのまま喜んでいるだけではあまり意味がありません。載ったことをSNSで告知して拡散し、さらにいつでも読めるようにアーカイブ化しておくことで、少しでも効果を波及させないといけません。

クラシックメディアとネットメディアの有効活用。これもなかなか難しく正解の見えない作業です)

最新記事

すべて表示

8月中の記事掲載まとめ

僕が倒れていた8月中に掲載された書評・紹介記事などをまとめておきます。 ★「東奥日報」8月9日(月)★ 『母と暮せば』 評者:青来有一さま 「カトリック信徒への差別やGHQが被爆者を調査はしても治療はしなかった非道な扱いへの怒りを、劇作家がしっかり仕込んでいるのを見逃してはならない」 ★「公明新聞」8月9日(月)★ 『なぜ戦争体験を継承するのか』 評者:福間良明先生 「それにしても、「なぜ戦争体験