• みずき書林

『この世の景色』編集中

本日午後は、早坂暁先生の奥様と打ち合わせ。

初校ゲラをお戻しいただき、再校制作に必要な写真などをいただきました。


「あとがき」の原稿も入稿されました。

これが、とても素敵な文章です。

早坂暁という人の〈愛されキャラ〉ぶりがとてもよくわかります。

そして、そういえば先生は四国遍路の札所と同じ数だけ生きたんですね……。


この「あとがき」のタイトルは、「生まれ変わっても、また」。

近日中に公開予定の特設サイトでも一部紹介する予定ですが、桃井かおりさんの「はじめに」とあわせて、ぜひお読みください。



なお、8月13日(火)に早坂先生のドキュメンタリー、『脚本家・早坂暁 未来へのメッセージ』が放送です。

松山放送局のページ

NHK番組表



ちなみに、先日小豆島で撮った写真は、早坂先生のこの写真へのオマージュ。

テレビの撮影中のひとコマとのことですが、先生、徐々に満ちていく波を喜んで、撮影スタッフが呆れるほどずっと椅子に座っていたのだとか。

実に楽しそうですね。



最新記事

すべて表示

『なぜ戦争体験を継承するのか』書評&オンラインシンポ

昨日5月9日の北海道新聞朝刊に、 『なぜ戦争体験を継承するのか』 の書評が掲載されました! こちらから全文を読むことができます。 評者は武蔵大学の永田浩三先生。 この価格帯の本を一般紙の書評欄に取り上げるのは、なかなか簡単ではなかったかもしれません。 ありがとうございました! * 同書は、7月11日(日)にオンラインシンポジウムが開催される予定です。 先日のウェビナーに続く第2段で、今回は、吉田裕