• みずき書林

『この世の景色』編集中

本日午後は、早坂暁先生の奥様と打ち合わせ。

初校ゲラをお戻しいただき、再校制作に必要な写真などをいただきました。


「あとがき」の原稿も入稿されました。

これが、とても素敵な文章です。

早坂暁という人の〈愛されキャラ〉ぶりがとてもよくわかります。

そして、そういえば先生は四国遍路の札所と同じ数だけ生きたんですね……。


この「あとがき」のタイトルは、「生まれ変わっても、また」。

近日中に公開予定の特設サイトでも一部紹介する予定ですが、桃井かおりさんの「はじめに」とあわせて、ぜひお読みください。



なお、8月13日(火)に早坂先生のドキュメンタリー、『脚本家・早坂暁 未来へのメッセージ』が放送です。

松山放送局のページ

NHK番組表



ちなみに、先日小豆島で撮った写真は、早坂先生のこの写真へのオマージュ。

テレビの撮影中のひとコマとのことですが、先生、徐々に満ちていく波を喜んで、撮影スタッフが呆れるほどずっと椅子に座っていたのだとか。

実に楽しそうですね。



最新記事

すべて表示

遠く離れた同じ景色

画面の左手前に砂浜が映っていて、そこにゆったりとした波が寄せては返します。 砂浜は湾曲しながら遠くまで続いていて、海を迂回するように右に細く伸びています。伸びた先は画面の右奥、海の向こうに、遥かに島が続いています。 空には動かない雲が幾層にも重なっています。 波の音だけ聞こえます。 ともにわずか数十秒の、とてもよく似た景色を映したふたつの動画を、同じ日にもらいました。 ひとつは夕陽で、ひとつは朝日

初心

次の本の入稿作業。 もう何度も見なおしているゲラなのに。 今頃になって。 前付の台割に修正が生じる。 目次と章題の表記が違っていることに気づく。 いずれも軽微というか――組版担当の方にご面倒をおかけしたものの――対応可能な修正ではあったが。 しかし今の今まで見落としていたことに、われながらうんざりする。 この本がISBNを付した市場流通本としては10冊目で、そろそろ油断が出るころかもしれない。 前

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.