• みずき書林

『この世の景色』見本出来ました。


拝啓


早坂先生、たいへんご無沙汰をしております。

そちらはいかがでしょうか。


こちらでは、ここ数カ月、先生がこれまで書かれたエッセイから名品を集めた本を作っており、本日、見本が出来てまいりました。

明日にはお手元に届くと思いますので、ご高覧ください。


書名は『この世の景色』としました。

先生のエッセイ「紅く染った女遍路」のなかの一節、

「これが、私の最初に見たこの世の景色であった。そして、なんという幸福か。その後の人生で、これに優る美しいものはなかった」

から採らせていただいております。


装幀のイラストは、男鹿和雄さんです。先生の故郷の風景を描いてくださいました。

ご紹介くださったのは、先生もよくご存じの山内ビンさんです。

装幀デザインの宗利淳一さんはこの画を見て「早坂さんがあの世から見ているこの世の風景はこういう感じなんでしょうね」と言っていました。


私がこれを書いているいまは、ちょうどこの画のように日が暮れかかっている時間帯です。

先生は渥美清さんや石堂さんなんかと一緒に、こんな景色をご覧になっている頃でしょうか。

それとも、腕を後ろで組んで渋谷あたりの路地裏を歩きながら、道路工事の人やら猫やらを眺めていらっしゃる頃でしょうか。

もしかしたら、妹さんや英五郎さんと一緒に、広島にいらっしゃる頃かもしれません。


そうそう。

「はじめに」は桃井かおりさんで、「あとがき」は奥様です。

この配役は、さすがの先生も少しばかり驚かれているのではないでしょうか。

このふたつの文章を読みながら、大いに笑っている先生の顔が浮かびます。


というわけで、この世では先生の残された文章のまわりにいろんな人が集まって、本を作りました。

久しぶりに、ご自身が書かれた文章を読み直して、この世の景色を思い出していただければ幸いです。


取り急ぎご連絡申し上げます。

そちらでは病気もなくいつも健康で、もはやご自愛なさる必要もないのかもしれませんが、それでもくれぐれもご自愛ください。


敬具



最新記事

すべて表示

遠く離れた同じ景色

画面の左手前に砂浜が映っていて、そこにゆったりとした波が寄せては返します。 砂浜は湾曲しながら遠くまで続いていて、海を迂回するように右に細く伸びています。伸びた先は画面の右奥、海の向こうに、遥かに島が続いています。 空には動かない雲が幾層にも重なっています。 波の音だけ聞こえます。 ともにわずか数十秒の、とてもよく似た景色を映したふたつの動画を、同じ日にもらいました。 ひとつは夕陽で、ひとつは朝日

初心

次の本の入稿作業。 もう何度も見なおしているゲラなのに。 今頃になって。 前付の台割に修正が生じる。 目次と章題の表記が違っていることに気づく。 いずれも軽微というか――組版担当の方にご面倒をおかけしたものの――対応可能な修正ではあったが。 しかし今の今まで見落としていたことに、われながらうんざりする。 この本がISBNを付した市場流通本としては10冊目で、そろそろ油断が出るころかもしれない。 前

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.