top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

『この世の景色』関連イベント、「春子の人形」上映会


11月16日、情文ホール(横浜情報文化センター6階)にて、

〈名作の舞台裏『花へんろ 特別編 春子の人形』〉

が開催されます。

詳細はこちらをどうぞ。


早坂暁先生が最後に構想していた「春子の人形」の上映。

上映後には関係者によるトークがあります。

坂東龍汰、芦田愛菜といった出演陣の登壇する豪華布陣です。


このドラマには、原作があります。

この世の景色』に収録している同名のエッセイです。

同書も当日、販売する予定です。



先日、朝日新聞に紹介記事が出ました。

早坂先生に出会ったことに、かなり大きな影響を受けているのだなと再認識しました。

ひと頃、毎週のように先生に会って、親しく話をうかがっていた時期がありました。

できるかぎり穏やかで優しくいたい。

いつだって何とかなるやと思っていたい。

なおかつ平気な顔で笑っていたい。

どれもこれも僕にはできていないし、これから先もできるようになるとは思えないことばかりですが、このチャーミングなおっさんはあの頃、それをやってのけていたのでした。



Amazonのレビューも、とても嬉しい評が3つつきました。


「大変読みやすく、早坂さん自身の生死に関わることから四国のお遍路さんまで、どれもドラマを見るようで味わい深いです」


「やさしさ・ユーモア・涙。いろいろな味わいを楽しめる1冊になっている」


「早坂さん、大好きでした」


先生のお人柄が偲ばれるレビューをいただいています。



最新記事

すべて表示

1200件目、書いている本のこと

このエントリーが1200件目となります。 ここまで約5年間。1825日が経過しました。 そのうちの1200日分ブログを書いたということになるので、やはり3日のうち2日書き続けた、という感じでしょうか。 本当はもっと頻繁に更新したかったけど、現実的には2/3でも十分としなくてはならないでしょう。我ながらよく続いています。そしてここまでくれば、このペースをそう乱すこともなくこれからも続けていけそうです

ひとまず書き上げる

いま、みずき書林の通常の編集業務と同時進行で、自分の本の執筆をしています。 たったいま、その執筆がひととおり終わりました。 もちろんひとまず最後まで書き切っただけで、これから二巡目の推敲に入っていくことになります。大幅な書き換えが必要な部分も出てくるかもしれません。 「あとがき」などもこれから書かないといけません。 ゲラ校正などまで考えると、やっと素材の原形質が揃ったという段階に過ぎません。 とは

bottom of page