• みずき書林

『この世の景色』関連イベント、「春子の人形」上映会


11月16日、情文ホール(横浜情報文化センター6階)にて、

〈名作の舞台裏『花へんろ 特別編 春子の人形』〉

が開催されます。

詳細はこちらをどうぞ。


早坂暁先生が最後に構想していた「春子の人形」の上映。

上映後には関係者によるトークがあります。

坂東龍汰、芦田愛菜といった出演陣の登壇する豪華布陣です。


このドラマには、原作があります。

この世の景色』に収録している同名のエッセイです。

同書も当日、販売する予定です。



先日、朝日新聞に紹介記事が出ました。

早坂先生に出会ったことに、かなり大きな影響を受けているのだなと再認識しました。

ひと頃、毎週のように先生に会って、親しく話をうかがっていた時期がありました。

できるかぎり穏やかで優しくいたい。

いつだって何とかなるやと思っていたい。

なおかつ平気な顔で笑っていたい。

どれもこれも僕にはできていないし、これから先もできるようになるとは思えないことばかりですが、このチャーミングなおっさんはあの頃、それをやってのけていたのでした。



Amazonのレビューも、とても嬉しい評が3つつきました。


「大変読みやすく、早坂さん自身の生死に関わることから四国のお遍路さんまで、どれもドラマを見るようで味わい深いです」


「やさしさ・ユーモア・涙。いろいろな味わいを楽しめる1冊になっている」


「早坂さん、大好きでした」


先生のお人柄が偲ばれるレビューをいただいています。



最新記事

すべて表示

藤田省三と保苅実のことば

一日ずっとPC画面を見ながら原稿整理などしていたら、目が潰れそう。 いま編集中の、 『なぜ戦争体験を継承するのか』 という本の「終章」から、今野日出晴先生の原稿の一節。 〈藤田省三は、本来的には、自分を震撼する物事に対して自らを開いておくこと、物事によって揺り動かされることを歓迎するような態度こそが重要であり、物あるいは事態に対してのこの開放的態度をこそ自由な経験の基本条件としていた〉 ……戦争体

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.