top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

『なぜ戦争をえがくのか』トークイベント(3月1日)


の刊行を記念し、本屋B&Bでトークイベントを行います!



3月1日(月)20時より、ぜひよろしくお願いいたします。

(オンラインのみのイベントとなります)


大川さんはドキュメンタリー映画監督。

遠藤さんは工芸・美術家。

土門さんは小説家。


大川さんのフィールドはマーシャル諸島。

遠藤さんはハノイ在住でいまは沖縄を中心に活動しています。

土門さんは朝鮮戦争を背景に、広島を舞台にした小説『戦争と五人の女』を書いています。


それぞれにぜんぜん異なる活動を展開してきたわけです。


いっぽう共通点に目を向けると、みなさん80年代生まれで若い。

そして、インタビューが仕事の中心のひとつになっています。

この本がそもそもインタビュー本ですが、ドキュメンタリー映画は人の話を記録していくことで成り立っていますし、遠藤さんの工芸も、さまざまな人たちに話を聞き、古来の技法を教わることで進んでいきます。

土門さんには、『経営者の孤独。』をはじめ、インタビュアーとしてのお仕事がたくさんあります。


もうひとつ共通点を挙げると、土門さんと遠藤さんは、この本のなかでも「遠くに行った」2トップでもあります。

土門さんは京都、遠藤さんはハノイまでお話を聞きに行きました。


もちろん「戦争をえがく/えがかざるをえない」ことも、共通点です。



ぜんぜん異なる表現方法を持ち寄って、ぜんぜん違う場所からやってきた3人。

いくつかの共通点がきっかけで、この本のなかで出会うことになった〈戦争と三人の女〉の対話、視聴いただければまことに幸いです。





最新記事

すべて表示

1200件目、書いている本のこと

このエントリーが1200件目となります。 ここまで約5年間。1825日が経過しました。 そのうちの1200日分ブログを書いたということになるので、やはり3日のうち2日書き続けた、という感じでしょうか。 本当はもっと頻繁に更新したかったけど、現実的には2/3でも十分としなくてはならないでしょう。我ながらよく続いています。そしてここまでくれば、このペースをそう乱すこともなくこれからも続けていけそうです

ひとまず書き上げる

いま、みずき書林の通常の編集業務と同時進行で、自分の本の執筆をしています。 たったいま、その執筆がひととおり終わりました。 もちろんひとまず最後まで書き切っただけで、これから二巡目の推敲に入っていくことになります。大幅な書き換えが必要な部分も出てくるかもしれません。 「あとがき」などもこれから書かないといけません。 ゲラ校正などまで考えると、やっと素材の原形質が揃ったという段階に過ぎません。 とは

Commentaires


bottom of page