• みずき書林

『なぜ戦争をえがくのか』トークイベント(3月1日)


大川史織編著『なぜ戦争をえがくのか 戦争を知らない表現者たちの歴史実践

の刊行を記念し、本屋B&Bでトークイベントを行います!


大川史織×遠藤薫×土門蘭

「歴史をえがくアート/アートに含まれる歴史」


3月1日(月)20時より、ぜひよろしくお願いいたします。

(オンラインのみのイベントとなります)


大川さんはドキュメンタリー映画監督。

遠藤さんは工芸・美術家。

土門さんは小説家。


大川さんのフィールドはマーシャル諸島。

遠藤さんはハノイ在住でいまは沖縄を中心に活動しています。

土門さんは朝鮮戦争を背景に、広島を舞台にした小説『戦争と五人の女』を書いています。


それぞれにぜんぜん異なる活動を展開してきたわけです。


いっぽう共通点に目を向けると、みなさん80年代生まれで若い。

そして、インタビューが仕事の中心のひとつになっています。

この本がそもそもインタビュー本ですが、ドキュメンタリー映画は人の話を記録していくことで成り立っていますし、遠藤さんの工芸も、さまざまな人たちに話を聞き、古来の技法を教わることで進んでいきます。

土門さんには、『経営者の孤独。』をはじめ、インタビュアーとしてのお仕事がたくさんあります。


もうひとつ共通点を挙げると、土門さんと遠藤さんは、この本のなかでも「遠くに行った」2トップでもあります。

土門さんは京都、遠藤さんはハノイまでお話を聞きに行きました。


もちろん「戦争をえがく/えがかざるをえない」ことも、共通点です。



ぜんぜん異なる表現方法を持ち寄って、ぜんぜん違う場所からやってきた3人。

いくつかの共通点がきっかけで、この本のなかで出会うことになった〈戦争と三人の女〉の対話、視聴いただければまことに幸いです。





最新記事

すべて表示

『なぜ戦争体験を継承するのか』書評&オンラインシンポ

昨日5月9日の北海道新聞朝刊に、 『なぜ戦争体験を継承するのか』 の書評が掲載されました! こちらから全文を読むことができます。 評者は武蔵大学の永田浩三先生。 この価格帯の本を一般紙の書評欄に取り上げるのは、なかなか簡単ではなかったかもしれません。 ありがとうございました! * 同書は、7月11日(日)にオンラインシンポジウムが開催される予定です。 先日のウェビナーに続く第2段で、今回は、吉田裕