• みずき書林

『なぜ戦争をえがくのか』刊行遅延のお詫び


なぜ戦争をえがくのか―戦争を知らない表現者たちの歴史実践

の刊行が遅れます……。

当初は1月15日刊行とアナウンスしておりましたが、1月ほど遅れそうです。

すでに印刷製本の段階に入っているのでこれ以上の遅延はないはずですが、店頭に並ぶのは(書店によって数日タイムラグが生じますが)2月10日~15日頃となる見込みです。

ご予約くださっている方々にはお待たせしてしまい、深くお詫び申し上げます。



本日、美術系の某大手誌から連絡があり、次号に記事掲載されるとのこと。

また、出版社のオンラインショップでは事前予約というのはそれほどないものなのですが、小社としてはかなりの数のご予約をいただいております。


刊行前からいろんな声をいただいており、たいへんありがたいことです。

早く皆様のお手元にお届けできるよう、努めてまいります。



緊急事態宣言の真っ只中、今後がどうなるかまったく読めませんが、今後幸運が重なって状況が好転すれば、宣言解除とともに店頭に並ぶかもしれず……せめてそうなるように祈るばかりです。




最新記事

すべて表示

『なぜ戦争体験を継承するのか』書評&オンラインシンポ

昨日5月9日の北海道新聞朝刊に、 『なぜ戦争体験を継承するのか』 の書評が掲載されました! こちらから全文を読むことができます。 評者は武蔵大学の永田浩三先生。 この価格帯の本を一般紙の書評欄に取り上げるのは、なかなか簡単ではなかったかもしれません。 ありがとうございました! * 同書は、7月11日(日)にオンラインシンポジウムが開催される予定です。 先日のウェビナーに続く第2段で、今回は、吉田裕