• みずき書林

『なぜ戦争をえがくのか』記事掲載×2本

本日5/8付の毎日新聞朝刊に、

『なぜ戦争をえがくのか』

の書評が掲載されました。


有料記事ですが、ウェブサイトでも読めます。



また、ウェブマガジン『現代の理論』でも、同書のレビューが掲載されています。

評者は須永守さん。



毎日新聞の評者は竹内さんという記者さんです。

『現代の理論』掲載に至ったスペシャルサンクスは、アジ歴/金曜調査会の今井さんに捧げられます。


このおふたりは大川さんの前著『マーシャル、父の戦場』からのお付き合いです。

相前後しておふたりから記事掲載のご連絡をいただき、3年ほど前の浅草「かどや」を思い出しました。

いろいろクリアになったら、またどこかでお目にかかりましょう。

今井さんとは、絡み酒を酌み交わしましょう。


まことにありがとうございました!!




最新記事

すべて表示

歴史が傍らに立つ

9月17日(金) 偶然が重なり、ドキドキした1日。 まだ情報解禁できないので思わせぶりな書き方になりますが、午前中に見つけたある発見と、午後に届いたある知らせがつながって、嬉しい驚きになりました。 歴史がふと近寄ってきて自分の傍らに立つような。 いまここに歴史が浸透してくるような。 我々が過去を見つめるとき、過去もまた我々を見つめている。その過去からの視線を感じました。 何かを調べたり追いかけたり

8月中の記事掲載まとめ

僕が倒れていた8月中に掲載された書評・紹介記事などをまとめておきます。 ★「東奥日報」8月9日(月)★ 『母と暮せば』 評者:青来有一さま 「カトリック信徒への差別やGHQが被爆者を調査はしても治療はしなかった非道な扱いへの怒りを、劇作家がしっかり仕込んでいるのを見逃してはならない」 ★「公明新聞」8月9日(月)★ 『なぜ戦争体験を継承するのか』 評者:福間良明先生 「それにしても、「なぜ戦争体験