• みずき書林

『なぜ戦争をえがくのか』記事掲載×2本

本日5/8付の毎日新聞朝刊に、

『なぜ戦争をえがくのか』

の書評が掲載されました。


有料記事ですが、ウェブサイトでも読めます。



また、ウェブマガジン『現代の理論』でも、同書のレビューが掲載されています。

評者は須永守さん。



毎日新聞の評者は竹内さんという記者さんです。

『現代の理論』掲載に至ったスペシャルサンクスは、アジ歴/金曜調査会の今井さんに捧げられます。


このおふたりは大川さんの前著『マーシャル、父の戦場』からのお付き合いです。

相前後しておふたりから記事掲載のご連絡をいただき、3年ほど前の浅草「かどや」を思い出しました。

いろいろクリアになったら、またどこかでお目にかかりましょう。

今井さんとは、絡み酒を酌み交わしましょう。


まことにありがとうございました!!




最新記事

すべて表示

6月26日(日) 目下進行中の日記にかかわる単行本企画、2度目の研究会兼編集会議。 1530より明治学院大学にてハイブリッド。 対面参加者は田中さん、河内さん、大川さん、僕。 オンラインでは島さん、宋さん、小澤さん、中野さん。 それぞれがこの一カ月で調査してきた日記のプレゼン。 僕は伊藤整、高見順、堀田善衛、高松宮、木戸幸一の日記を調べた。 これらのメジャーな日記は、他の方々が調査した庶民や無名の