• みずき書林

『なぜ戦争体験を継承するのか』書評&オンラインシンポ

昨日5月9日の北海道新聞朝刊に、

なぜ戦争体験を継承するのか

の書評が掲載されました!


こちらから全文を読むことができます。


評者は武蔵大学の永田浩三先生。

この価格帯の本を一般紙の書評欄に取り上げるのは、なかなか簡単ではなかったかもしれません。

ありがとうございました!


*


同書は、7月11日(日)にオンラインシンポジウムが開催される予定です。

先日のウェビナーに続く第2段で、今回は、吉田裕先生、福間良明先生、廣川和花先生、山本昭宏先生、村上陽子先生が登壇されるという豪華布陣です。


もちろん、蘭先生はじめ、執筆者の方々のリプライもさまざまにあることと思います。


ご関心のある方はぜひご参加いただければ。

よろしくお願いします!


最新記事

すべて表示

歴史が傍らに立つ

9月17日(金) 偶然が重なり、ドキドキした1日。 まだ情報解禁できないので思わせぶりな書き方になりますが、午前中に見つけたある発見と、午後に届いたある知らせがつながって、嬉しい驚きになりました。 歴史がふと近寄ってきて自分の傍らに立つような。 いまここに歴史が浸透してくるような。 我々が過去を見つめるとき、過去もまた我々を見つめている。その過去からの視線を感じました。 何かを調べたり追いかけたり

8月中の記事掲載まとめ

僕が倒れていた8月中に掲載された書評・紹介記事などをまとめておきます。 ★「東奥日報」8月9日(月)★ 『母と暮せば』 評者:青来有一さま 「カトリック信徒への差別やGHQが被爆者を調査はしても治療はしなかった非道な扱いへの怒りを、劇作家がしっかり仕込んでいるのを見逃してはならない」 ★「公明新聞」8月9日(月)★ 『なぜ戦争体験を継承するのか』 評者:福間良明先生 「それにしても、「なぜ戦争体験