• みずき書林

『タリナイ』夏~秋の予定。『この世の景色』特設ページ準備

毎月末恒例、支払いを完了。

疲労困憊。



その後、『タリナイ』の夏~秋の上映にあわせて『マーシャル、父の戦場』のチラシを作ったり、新刊『この世の景色』の特設ページを作ったり。



『タリナイ』は8~9月、いろんな場所で上映されます。

会場などで配布する書籍のチラシはこんな感じ。

会場がお近くの方はぜひ!




なお、遠すぎてチラシにはアップしていませんが、8月2日にマーシャルでも上映会が行われます。

監督念願のマーシャルでの上映会。

マーシャル語版のタイトルは「keememej」。

「憶えている」という意味とのこと。

けーめめっじ。



『この世の景色』は、近日中にサイトに情報をアップし、特設ページも公開予定です。

早坂先生のドラマの常連だった某有名女優さんからも、お言葉をいただいています!

そして装丁も、良いものになりそうな予感です!

ご期待ください。



早坂暁先生は広島にゆかりが深く、〈妹〉を原爆で失っています。

マーシャルはいうまでもなくビキニ環礁があり、監督は長崎にご縁があります。

前職で仕事が面白くなっていったきっかけは早坂暁先生であり、現職が最初から面白かったのは、マーシャルのおかげです。

瀬戸内海の島々のように、あるいはマーシャルの環礁のように、このふたつの企画は、僕のなかでつながっています。


最新記事

すべて表示

遠藤さんと土門さんと大川さん――本屋B&Bでのイベント

小説家の土門蘭さん。 工芸・現代美術家の遠藤薫さん。 映画監督で本書の編著者である大川史織さん。 昨夜は本屋B&Bさんの主催で、3人のトークイベントを行いました。 (アーカイブ視聴もできます。詳しくはこちらを) 2019年の10月、大川さんは遠藤さんに会うために、ベトナムまで行きました。 9月に執筆の依頼をしたら、即座に、うちに泊まればいいからハノイにおいでよとお誘いいただき、取材のついでに映画の

なぜ在庫ありにならないのか―ポスト密林時代の営業実践

タイトルは 『なぜ戦争をえがくのか 戦争を知らない表現者たちの歴史実践』 『なぜ戦争体験を継承するのか: ポスト体験時代の歴史実践』 のもじりですが、あまりうまくないですね。 さて。 先にも少し書いた通り、Amazon対策として少し遅らせた刊行日、2月22日がやってきました。 上記の2点の書籍は、この日を公式発売日に設定していました。 どうなったかというと。 『なぜ戦争体験を継承するのか』は、本日

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.