• みずき書林

『タリナイ』夏~秋の予定。『この世の景色』特設ページ準備

毎月末恒例、支払いを完了。

疲労困憊。



その後、『タリナイ』の夏~秋の上映にあわせて『マーシャル、父の戦場』のチラシを作ったり、新刊『この世の景色』の特設ページを作ったり。



『タリナイ』は8~9月、いろんな場所で上映されます。

会場などで配布する書籍のチラシはこんな感じ。

会場がお近くの方はぜひ!




なお、遠すぎてチラシにはアップしていませんが、8月2日にマーシャルでも上映会が行われます。

監督念願のマーシャルでの上映会。

マーシャル語版のタイトルは「keememej」。

「憶えている」という意味とのこと。

けーめめっじ。



『この世の景色』は、近日中にサイトに情報をアップし、特設ページも公開予定です。

早坂先生のドラマの常連だった某有名女優さんからも、お言葉をいただいています!

そして装丁も、良いものになりそうな予感です!

ご期待ください。



早坂暁先生は広島にゆかりが深く、〈妹〉を原爆で失っています。

マーシャルはいうまでもなくビキニ環礁があり、監督は長崎にご縁があります。

前職で仕事が面白くなっていったきっかけは早坂暁先生であり、現職が最初から面白かったのは、マーシャルのおかげです。

瀬戸内海の島々のように、あるいはマーシャルの環礁のように、このふたつの企画は、僕のなかでつながっています。


最新記事

すべて表示

遠く離れた同じ景色

画面の左手前に砂浜が映っていて、そこにゆったりとした波が寄せては返します。 砂浜は湾曲しながら遠くまで続いていて、海を迂回するように右に細く伸びています。伸びた先は画面の右奥、海の向こうに、遥かに島が続いています。 空には動かない雲が幾層にも重なっています。 波の音だけ聞こえます。 ともにわずか数十秒の、とてもよく似た景色を映したふたつの動画を、同じ日にもらいました。 ひとつは夕陽で、ひとつは朝日

初心

次の本の入稿作業。 もう何度も見なおしているゲラなのに。 今頃になって。 前付の台割に修正が生じる。 目次と章題の表記が違っていることに気づく。 いずれも軽微というか――組版担当の方にご面倒をおかけしたものの――対応可能な修正ではあったが。 しかし今の今まで見落としていたことに、われながらうんざりする。 この本がISBNを付した市場流通本としては10冊目で、そろそろ油断が出るころかもしれない。 前

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.