• みずき書林

『タリナイ』配信トークイベント


「マーシャル・エイド 『タリナイ』緊急配信&トーク開催」

のYouTube生配信を見ながら、オンライン飲み会。


zoomで5人集合。

東京2名、仙台1名、長野1名、大阪1名+猫という顔ぶれ。


ゆるゆると飲みつつ、20時からYouTubeを画像共有。

そちらでは東京の大川史織さんと仙台の佐藤勉さん&お孫さんがトーク。

チャット上には『マーシャル、父の戦場』執筆者の三上先生や、『タリナイ』広報担当アーヤさんのお姿も。

ちなみにアーヤさんは沖縄にいるとのこと。


技術的にはもちろん以前から可能だったのだろうけど、実にポスコロ(ポスト・コロナ)的状況というか、世の中の必然性がテクノロジーと合致した感じです。

そういう世界になったのですね。


***


トークは大川さんと勉さんの関係性がわかる、ほのぼのと穏やかなものでした。

一緒にマーシャルに行って。映画を作って、日記を解読して。

そういう時間のなかで、お互いが「相手のおかげ」と感じる幸福な関係を築いてきたことが伝わります。


「田んぼのあぜ道を散歩しながら、ずっとマーシャルのことを考えている」という勉さんのことばが印象に残りました。


この日は、一年前にマーシャル上映のために出発した日とのこと。

このあと2回の配信も、それぞれ首都マジュロと作品の舞台であるウォッチェで上映会をした日なのだとか。


そして御年79歳にしてオンラインイベントをなんなくこなす勉さんのITスキル、お見事でした。


***


映画『タリナイ』を視聴すると、チケット代がコロナで苦しんでいるアメリカのマーシャル人コミュニティに寄付されます。

くわしくはこちら


また書籍『マーシャル、父の戦場』を小社オンラインショップでご購入いただくと、同じく購入代金が寄付されます。

こちらからどうぞ。


ともに8/31まで。


よろしくお願いします!

最新記事

すべて表示

阿呆の条件

ふん。 要するに、自宅でバタバタ人が死んでも、「医療体制は崩壊していない」と言い張れるということか。 僕は極めて温厚な人柄で知られているが、そんな僕でも、お前らはほんとうにアホなのかと思うよ。 アホというのはどういうことか。 ①に、ことばで説明しようという意志がないこと。 言語化能力が低くてもかまわない。でも最低限、ことばを尽くして他者に説明しようとする意志は、リーダーには必要だろう。 ②に、まっ

本が買われる瞬間

28日(水)、今野書店に向かう。 新しくパネルを設置するため。 簡単なテキストに壁新聞制作中の写真を添えたもの。 しばらくフェア台の前を見張っていると、若い女性客が土門蘭さんの『戦争と五人の女』を買っていく現場に遭遇。 嬉しくてまた抱きつきそうになる(抱きつかないが)。 帰りの電車の中で土門さんにメール。 初回納品の大半が売れて残部1になったので、補充することに。 その足で森岡書店へ。 最後のイン