• みずき書林

『タリナイ』配信トークイベント


「マーシャル・エイド 『タリナイ』緊急配信&トーク開催」

のYouTube生配信を見ながら、オンライン飲み会。


zoomで5人集合。

東京2名、仙台1名、長野1名、大阪1名+猫という顔ぶれ。


ゆるゆると飲みつつ、20時からYouTubeを画像共有。

そちらでは東京の大川史織さんと仙台の佐藤勉さん&お孫さんがトーク。

チャット上には『マーシャル、父の戦場』執筆者の三上先生や、『タリナイ』広報担当アーヤさんのお姿も。

ちなみにアーヤさんは沖縄にいるとのこと。


技術的にはもちろん以前から可能だったのだろうけど、実にポスコロ(ポスト・コロナ)的状況というか、世の中の必然性がテクノロジーと合致した感じです。

そういう世界になったのですね。


***


トークは大川さんと勉さんの関係性がわかる、ほのぼのと穏やかなものでした。

一緒にマーシャルに行って。映画を作って、日記を解読して。

そういう時間のなかで、お互いが「相手のおかげ」と感じる幸福な関係を築いてきたことが伝わります。


「田んぼのあぜ道を散歩しながら、ずっとマーシャルのことを考えている」という勉さんのことばが印象に残りました。


この日は、一年前にマーシャル上映のために出発した日とのこと。

このあと2回の配信も、それぞれ首都マジュロと作品の舞台であるウォッチェで上映会をした日なのだとか。


そして御年79歳にしてオンラインイベントをなんなくこなす勉さんのITスキル、お見事でした。


***


映画『タリナイ』を視聴すると、チケット代がコロナで苦しんでいるアメリカのマーシャル人コミュニティに寄付されます。

くわしくはこちら


また書籍『マーシャル、父の戦場』を小社オンラインショップでご購入いただくと、同じく購入代金が寄付されます。

こちらからどうぞ。


ともに8/31まで。


よろしくお願いします!

最新記事

すべて表示

石原吉郎とことば――ウェビナー雑感②

4月18日(日)のウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 当日、おそらく一番の焦点のひとつであった、平和博物館と遊就館について、ひとつ前の記事に長々と感想を書きました。 当日の質疑応答ではそのあたりに議論が集中したのですが、それ以外にちょっと備忘録として残しておきたいことがあるので、重ねて書きます。 このエントリーでちょこっと書いておきたいのは、

私たちの現在地の内と外――ウェビナー雑感①

この週末、4月18日(日)に、ウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 が開催されました。 小社の刊行物を中心にしたセミナーが開催されたこと(参加者もかなり多かったとのことです)、大変光栄なことでした。 以下に、本書の編集担当としての若干の感想を書いておきます。 僕は編集担当者ではありますが、気持ちとしては、非アカデミシャンの一市民という感覚で視聴