• みずき書林

『マハーバーラタ、聖性と戦闘と豊穣』特設ページ公開&予約受付開始!

最終更新: 2020年4月8日

沖田瑞穂著 『マハーバーラタ、聖性と戦闘と豊穣』 特設ページを公開しました。 また予約も受付開始しています! 小社サイトのトップページに新井文月さん描くヴィシュヌ=クリシュナの瞳が浮かび上がっています。 それをクリックすると特設ページに飛びます。 メイン画面はシンプルに。 「私が世界のすべてである」という『マハーバーラタ』からの引用に合わせ、画をクリックすると、それぞれのコンテンツが開くようにしました。 眉:本書の特色 眼:書籍詳細ページ 頬:たちよみ 鼻:書店向けのチラシ 口:新井さんのテキスト 耳:沖田さんのテキスト となっています。 ここだけ限定の沖田さん、新井さんのテキストもあります。 一番の売りは、本書より「『マハーバーラタ』のふたつの構造」の全文が読めるところです。 13本の論考のうちの1本がまるごと公開されています。 本書の導入としても重要な冒頭の論考、ぜひ読んでみてください。 予約はこちらから。 刊行になり次第発送するので、確かに入手できます。 また13日まではおこもりキャンペーンも継続中です。 書籍完成と発送は今月末になりますが、13日までにご注文いただいた方には、ポストカードセットも同封いたします。

最新記事

すべて表示

石原吉郎とことば――ウェビナー雑感②

4月18日(日)のウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 当日、おそらく一番の焦点のひとつであった、平和博物館と遊就館について、ひとつ前の記事に長々と感想を書きました。 当日の質疑応答ではそのあたりに議論が集中したのですが、それ以外にちょっと備忘録として残しておきたいことがあるので、重ねて書きます。 このエントリーでちょこっと書いておきたいのは、

私たちの現在地の内と外――ウェビナー雑感①

この週末、4月18日(日)に、ウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 が開催されました。 小社の刊行物を中心にしたセミナーが開催されたこと(参加者もかなり多かったとのことです)、大変光栄なことでした。 以下に、本書の編集担当としての若干の感想を書いておきます。 僕は編集担当者ではありますが、気持ちとしては、非アカデミシャンの一市民という感覚で視聴