top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

『マハーバーラタ、聖性と戦闘と豊穣』特設ページ公開&予約受付開始!

更新日:2020年4月8日

沖田瑞穂著 『マハーバーラタ、聖性と戦闘と豊穣』 特設ページを公開しました。 また予約も受付開始しています! 小社サイトのトップページに新井文月さん描くヴィシュヌ=クリシュナの瞳が浮かび上がっています。 それをクリックすると特設ページに飛びます。 メイン画面はシンプルに。 「私が世界のすべてである」という『マハーバーラタ』からの引用に合わせ、画をクリックすると、それぞれのコンテンツが開くようにしました。 眉:本書の特色 眼:書籍詳細ページ 頬:たちよみ 鼻:書店向けのチラシ 口:新井さんのテキスト 耳:沖田さんのテキスト となっています。 ここだけ限定の沖田さん、新井さんのテキストもあります。 一番の売りは、本書より「『マハーバーラタ』のふたつの構造」の全文が読めるところです。 13本の論考のうちの1本がまるごと公開されています。 本書の導入としても重要な冒頭の論考、ぜひ読んでみてください。 予約はこちらから。 刊行になり次第発送するので、確かに入手できます。 また13日まではおこもりキャンペーンも継続中です。 書籍完成と発送は今月末になりますが、13日までにご注文いただいた方には、ポストカードセットも同封いたします。


最新記事

すべて表示

1200件目、書いている本のこと

このエントリーが1200件目となります。 ここまで約5年間。1825日が経過しました。 そのうちの1200日分ブログを書いたということになるので、やはり3日のうち2日書き続けた、という感じでしょうか。 本当はもっと頻繁に更新したかったけど、現実的には2/3でも十分としなくてはならないでしょう。我ながらよく続いています。そしてここまでくれば、このペースをそう乱すこともなくこれからも続けていけそうです

ひとまず書き上げる

いま、みずき書林の通常の編集業務と同時進行で、自分の本の執筆をしています。 たったいま、その執筆がひととおり終わりました。 もちろんひとまず最後まで書き切っただけで、これから二巡目の推敲に入っていくことになります。大幅な書き換えが必要な部分も出てくるかもしれません。 「あとがき」などもこれから書かないといけません。 ゲラ校正などまで考えると、やっと素材の原形質が揃ったという段階に過ぎません。 とは

Comments


bottom of page