• みずき書林

『マーシャル、父の戦場』in 女性の日記から学ぶ会


8月22日。

明治学院大の田中祐介さんのご紹介で、「女性の日記から学ぶ会」での大川史織さんの講演に参加してきました。

高校時代にはじめてマーシャル諸島共和国を知ってから、映画と本を作り、つい先日までマーシャルに行っていたときのお話まで、興味深い活動をされているなとあらためて感じました。

参加者はみな過去の日記を読んで研究している方たちで、戦時中の体験のあるご高齢の方もいらっしゃり、なんだか孫娘の活躍を応援しているような雰囲気です(笑)。


今回は14時頃から、質疑応答も含めて16時30分まで。

比較的時間があったので、書籍冒頭でも紹介している「原田豊秋さんからの手紙」を全文朗読する場面もありました。

この朗読が、なかなかよかった。

冨五郎さんの最期を描いたこの手紙は、今に至る日記のつながりを生んだ、すべてのはじまりともいえる文章です。

タリナイ』でのナレーションを彷彿させ、声のもつ力を感じさせてくれました。



質疑応答では、冨五郎さんの日記を「幸せな日記」と評してくださった方がいらっしゃいました。日記をたくさん読んで研究している方の声だからこそ、嬉しいですね。


その他、

「冨五郎さんがマーシャルの人たちをどういうふうに記述していたのか」

「ビキニでの核実験など、戦後の住民の被害について訊きたい」

「旅を経ての、勉さんのマーシャル観や戦争観の変化は?」

「現地の人たちへの取材を中心に、映画には入れられなかった印象的なシーンは?」

「日記の魅力とは?」

といった質問が上がりました。



終了後は、代表の島利栄子さんをはじめ、会の皆様と懇親会。

とても暖かく親密な雰囲気です。

持ち込んだ書籍も完売してよかったです。

島さんはじめみなさま、田中さん、ありがとうございました!


最新記事

すべて表示

こんなにもエントリーの間が空いたことはなく、ご心配とご迷惑をおかけしています。 毎日同じように布団の中で眠っているだけです。だけど今後の治療の大きな方針も立ちました。 まだまだがんばります。 先月先月21-から23日今月まだ、しかかけない。

あと数日、ただ生きていることに専念させてください。 表面上は何もせず、ただベッドの上で生きているだけ。 返信しないといけないメッセージもメールも一旦置かせてください。送らないといけない郵便物も、かけないといけない電話も、少し待ってください。考えたり思うことを書きつけるのさえ、いまは少し億劫なのです。 とにかくあと数日は、完全な受け身の状態で、やってくるものに対処していきます。 何がやってくるのかは

前の記事をアップしてから、つまり入院してからもう4日も経ったのか。 この間、昨日と今日の区別がなく、今日と明日の区切りも漠然としていました。 吐き気と痛みと倦怠感。 30分おきに目が覚める微弱な睡眠が、昼となく夜となく続きます。 本も読む気がしない。テレビも見たいと思わない。音楽も耳を潤さず、人の声も辛くなる。 とにかく気力がない。決定的に気力が損なわれた数日でした。 今もまだ、生きたいという自然