• みずき書林

『マーシャル、父の戦場』in 女性の日記から学ぶ会


8月22日。

明治学院大の田中祐介さんのご紹介で、「女性の日記から学ぶ会」での大川史織さんの講演に参加してきました。

高校時代にはじめてマーシャル諸島共和国を知ってから、映画と本を作り、つい先日までマーシャルに行っていたときのお話まで、興味深い活動をされているなとあらためて感じました。

参加者はみな過去の日記を読んで研究している方たちで、戦時中の体験のあるご高齢の方もいらっしゃり、なんだか孫娘の活躍を応援しているような雰囲気です(笑)。


今回は14時頃から、質疑応答も含めて16時30分まで。

比較的時間があったので、書籍冒頭でも紹介している「原田豊秋さんからの手紙」を全文朗読する場面もありました。

この朗読が、なかなかよかった。

冨五郎さんの最期を描いたこの手紙は、今に至る日記のつながりを生んだ、すべてのはじまりともいえる文章です。

タリナイ』でのナレーションを彷彿させ、声のもつ力を感じさせてくれました。



質疑応答では、冨五郎さんの日記を「幸せな日記」と評してくださった方がいらっしゃいました。日記をたくさん読んで研究している方の声だからこそ、嬉しいですね。


その他、

「冨五郎さんがマーシャルの人たちをどういうふうに記述していたのか」

「ビキニでの核実験など、戦後の住民の被害について訊きたい」

「旅を経ての、勉さんのマーシャル観や戦争観の変化は?」

「現地の人たちへの取材を中心に、映画には入れられなかった印象的なシーンは?」

「日記の魅力とは?」

といった質問が上がりました。



終了後は、代表の島利栄子さんをはじめ、会の皆様と懇親会。

とても暖かく親密な雰囲気です。

持ち込んだ書籍も完売してよかったです。

島さんはじめみなさま、田中さん、ありがとうございました!


最新記事

すべて表示

疲れに効くテキスト

索引のノンブル拾いをしたり、チラシを作ったり、原稿をチェックしたり、授業の準備をしたり、装丁のことを考えたり、合間にご飯を作ったり酒を飲んだり、なにかと忙しい。 忙しくて、ここ数日久しぶりにちょっと疲れている。 疲れているからといって、嫌になっているわけではない。テンションが下がっているわけでもない。 僕の場合、仕事が進んでさえいれば、疲れれば疲れるほどにやにやしてしまうようなところがある。 疲れ

おやうみなさい

布団に潜り込んで、最後の力をふりしぼってこれをフリックしている。 ここ数日バタバタわたわたしていて、今日はもう疲れた。パトラッシュ並みに疲れた。 ここんとこブログ更新が断続的なのもわかっている。こういうのって15分もあれば更新はできる。でも、単に時間さえあれば書けるというものでもないんだ。 気力。というとバカみたいだけど、ある種の勢いがないと、時間があってもなかなか更新はできない。 ここんとこ、そ

喜ばしく楽しく継承すること――『あの夏の絵』公演

昨日、青年劇場の公演「あの夏の絵」を観てきました。 戦争ものの芝居というと、ヘヴィな内容かと想像されます。 もちろん、重い体験談が語られる場面もあるのですが、高校の美術部の友情と葛藤がストーリーの骨子にあるので、観終わった印象は爽やかですらあります。 構造は、ストレートな青春劇です。 登場人物は6人、舞台装置もシンプルで派手な演出もなく、とてもわかりやすい。 わかりやすく、爽やかというのは、戦争の

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.