• みずき書林

『ラディカル』『100s』『この世の景色』エトセトラ


昨夜12時に寝たのに、3時に目が覚める。

こうなったら無理して寝ようとしないで、起きてしまうに限る。


本を読んで、取材のための調べものをして、FAXをチェックしたりこういうテキストを書いたり。

そうこうしているうちに、保苅実さんのお姉さま由紀さんから、

『一枚の花弁~爆発の行方 保苅実『ラディカル・オーラル・ヒストリー』の実践』

のpdfデータが届く(これついては熟読して、いずれ詳述)。

夜が明けたので洗濯。

必要なメールの返信をして、ようやく9時。


中村一義『100s』をかけながら、ガシガシと資料制作。

このアルバム、社会人なりたてくらいの頃によく聴いてた。

あのころは清澄白河で友達とルームシェアしてたんだった。

「キャノンボール」「Yes」「セブンスター」「新世界」「ひとつだけ」など、名品。

午前中かけて1万字ほど書き、スライドのpdfも準備。

うすうす気づきはじめているが、こりゃ大変だ。まだ全行程の3/15というところ。


郵便物3件。

田中さんからシンポジウムのポスター。沖田先生から資料の図録。印刷所から『この世の景色』の一部抜き。

『この世の景色』はいよいよ来週水曜に見本出来。早坂先生らしい、凪いだ海のような白と青を基調とした仕上がり。本文用紙も白。早坂先生はご自身はかなり波乱万丈でぶっ飛んだ生涯を送ったはずなのだが、お人柄と作風のなせる技か、ちょっと切なくも悠然としたイメージが似合う。


午後も引き続きテキストを書きつつ、各所へメールなど。

息抜きにこれをアップ。


明日は取材。週末は上映会イベント。週明け月曜は講義初日。火曜は業界の説明会。水曜は見本出来。金曜は楽しみにしている原稿の締切。いろいろグルーヴィになってきた。

ちゃんと寝ないと。



最新記事

すべて表示

阿呆の条件

ふん。 要するに、自宅でバタバタ人が死んでも、「医療体制は崩壊していない」と言い張れるということか。 僕は極めて温厚な人柄で知られているが、そんな僕でも、お前らはほんとうにアホなのかと思うよ。 アホというのはどういうことか。 ①に、ことばで説明しようという意志がないこと。 言語化能力が低くてもかまわない。でも最低限、ことばを尽くして他者に説明しようとする意志は、リーダーには必要だろう。 ②に、まっ

本が買われる瞬間

28日(水)、今野書店に向かう。 新しくパネルを設置するため。 簡単なテキストに壁新聞制作中の写真を添えたもの。 しばらくフェア台の前を見張っていると、若い女性客が土門蘭さんの『戦争と五人の女』を買っていく現場に遭遇。 嬉しくてまた抱きつきそうになる(抱きつかないが)。 帰りの電車の中で土門さんにメール。 初回納品の大半が売れて残部1になったので、補充することに。 その足で森岡書店へ。 最後のイン