• みずき書林

『ワンダー・ボーイズ』

マイケル・シェイボン『ワンダー・ボーイズ』(早川書房、1997年)


この作家が日本でどの程度有名なのか知らないが(少なくとも僕のまわりで愛読者だという人はひとりも知らないし、この作家が話題になったことも一度もない)、僕はこの小説が大好きで、もう何度も繰り返し読んでいる。

(たしかデヴィッド・ボウイが「ライフタイムベスト100冊」みたいな本に選んでいて、驚きつつ喜んだ記憶がある)


97年初版ということは僕が大学に入った年。

おそらくはじめて読んだのはその頃だと思う。

いま手元にあるのは単行本だけど、のちに文庫本になったときも買った(誰かにあげた)。

映画化されたDVDも持っている(映画もすごく好きな雰囲気)。



昔から、気になる一節があると、本に線を引いたりページの端を折ったりする。

だから再読・三読すると、過去の自分に出会うような気がすることがある。


この本にも何年も(もしかしたら何十年も)前の僕が何カ所かで線を引いている。

たとえば、こんなところに。


「またひと晩、自分のベッドの空虚さに耐えられるとは思えない、と言いたかった。私の人生に、何らかの真実、首尾一貫したもの、明日になっても変わらずに残っていそうなものがあるだろうか、と尋ねたかった」


当時20代だったはずだが、妙なところに線を引いたものである。

そして、そう。今回読み直して、もう一回線を引き直したいような気もした。


誰にでも薦められる本ではないかもしれないけど、いかにも皮肉屋っぽい持って回った語り口、オフビートなユーモア感覚、ひとつひとつが短編小説のような豊富な(ときにどうでもいいような)エピソードなどなどに、僕はすごく惹かれる。

何年かしたら、また読み返すんだろうな。



豪華な俳優陣。アイアンマンとスパイダーマン。

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.