top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

『五月の鷹』クラファンのリターンが……


『五月の鷹』クラファンのリターンがヤバいです。

詳しくはプロジェクトページの「活動報告」→「リターンの紹介」をご覧ください。


プレミアム小冊子というのがあって、山田南平先生の書き下ろし限定作品が読めます。

それだけでも豪華なのですが、

なんと。


山田攻先生&椿さんも参加し、エッセイと事典が収められるとのこと。

〈『エキスカバリー』伝承者〉の山田攻先生は、宝剣に加えて、「おたからファイル」というレアアイテムも所持していることが明かされました(笑)。

(ちなみに小路先生は〈騎士団の黒幕〉というカッコいい二つ名をお持ちです)


〈アヴァロン沼の住人〉こと椿さんは、『いかアサ』では要所要所を締めるコラムを寄稿くださっています。膨大な知識と読書量、尽きることのない愛情に溢れる方です。

今回の事典でもまた、溢れる鼻血をインクに書いたような情熱的な文章で、沼へと誘ってくれるはずです。



このクラウドファンディングはすでに目標額を達成していますが、引き続き来年1月13日まで受け付け中。

目標額を上回った場合は、リターンがさらに充実していく、書籍の仕様も豪華になるなど、自由度がどんどん高くなっていくのだと思います。


なんにせよ、本が出たら買おうと思っている人は、このクラファンを応援しておくのが絶対にいいです。単に本が手に入るだけではなくて、豪華リターンが付いてくるわけですから。



ところで、シオンさんや山田先生のテキストに頻出する『いかアサ』ってなんのことかわからない。という人はこちらをどうぞ。

『いかアサ』は本です。正式名は長いから誰もちゃんと言わないだけです。

執筆者の異名も記されています(編者ふたりが笑いながら勝手につけた)。


小社の展示室

最新記事

すべて表示

「川の中の大きな岩になること」

山田南平先生が、先日の往復書簡を受けてブログ記事を書いてくださっています。 いつもブログを読んでくださり、ありがたいことです。 堀くんともども、励みになります。 『自省録』と般若心経の共通点について。 二十歳頃に般若心経に出会った山田先生が、それ以来ずっと指針にしてきたというのはちょっとした驚きでした。 首尾一貫したアーティストの人生には、やはり何らかの指針となるものがあるものなのでしょうか。興味

Comments


bottom of page