• みずき書林

『宮廷楽長サリエーリのお菓子な食卓』

遠藤雅司(音食紀行)さん『宮廷楽長サリエーリのお菓子な食卓』(春秋社)より、料理を作ってみました。




〈ヒポクラテスの袖(スパイス入ホットワイン)〉

遠藤さんのイベントでも美味しく飲んだホットワインの再現。

浮いているのは、すりおろした生姜。

砂糖とナツメグとシナモンのバランスがけっこう難しかった。

もっと大胆に砂糖を入れたほうが美味いかも。

最近ヒットした紅茶焼酎とともに、つい飲みすぎてしまうアブない酒ではある。



〈パナダ(ヴェネツィア風パンのスープ)〉

冷凍庫に転がっていた、いつのものとも知れない古いパンを解凍して投入。

そのパンがクルミ入りだったため、図らずもクルミが入ることになり、美味しさがアップ。

残りものを放り込んだマッシュルームは勝手なアレンジ。




〈カパウン(ローストチキン)〉

植物性のオイルを使わず、バターだけでロースト。

塩コショウだけの味付けだが、焦がしたバターの風味が芳醇。

残りものを放り込んだじゃがいもと飾りのイタパセは勝手なアレンジ。



最新記事

すべて表示

石原吉郎とことば――ウェビナー雑感②

4月18日(日)のウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 当日、おそらく一番の焦点のひとつであった、平和博物館と遊就館について、ひとつ前の記事に長々と感想を書きました。 当日の質疑応答ではそのあたりに議論が集中したのですが、それ以外にちょっと備忘録として残しておきたいことがあるので、重ねて書きます。 このエントリーでちょこっと書いておきたいのは、

私たちの現在地の内と外――ウェビナー雑感①

この週末、4月18日(日)に、ウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 が開催されました。 小社の刊行物を中心にしたセミナーが開催されたこと(参加者もかなり多かったとのことです)、大変光栄なことでした。 以下に、本書の編集担当としての若干の感想を書いておきます。 僕は編集担当者ではありますが、気持ちとしては、非アカデミシャンの一市民という感覚で視聴