top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

『旅をひとさじ』サイトが完全体に!

松本智秋さんの新刊

『旅をひとさじ てくてくラーハ日記』

特設サイト、このたびメインコンテンツである

のコーナーが開放され、完全モードになりました。



「旅の写真」では、本に未収録の写真を中心に、いま現在74枚もの写真がアップされています。

本書収録写真のアウトテイクだったり、ぜんぜん違う何だかわからない写真だったり(ブルガリアで、腰に黒いオブジェみたいな腰蓑様のものをつけて踊り狂うおっちゃんがおかしいですね)。

ぜひ本書を傍らにおいて、新しい写真もお楽しみください。


「旅のエッセイ」では、ひとまず1本目のエッセイがアップされています。

「あの犬、だれ?」と題して、奥付に登場する犬について。

あの超絶かわいい犬について知りたい人はクリックください(笑)。

すでに智秋さんはいくつかのエッセイを準備中とか。

ここでも本に載せられなかった旅の話とか、本作りのプロセスについてとか、順次増えていく予定ですので、ご期待ください。


いくつか刊行記念イベントのお声もかけていただいています。

世間がこんな有様なのでどうなるか予断は許されませんが、もし実現できるようなら、そんな情報もアップしていきます。


本とともにじっくりのんびりと育てていきます。

あらためて、よろしくお願いします!



最新記事

すべて表示

1200件目、書いている本のこと

このエントリーが1200件目となります。 ここまで約5年間。1825日が経過しました。 そのうちの1200日分ブログを書いたということになるので、やはり3日のうち2日書き続けた、という感じでしょうか。 本当はもっと頻繁に更新したかったけど、現実的には2/3でも十分としなくてはならないでしょう。我ながらよく続いています。そしてここまでくれば、このペースをそう乱すこともなくこれからも続けていけそうです

ひとまず書き上げる

いま、みずき書林の通常の編集業務と同時進行で、自分の本の執筆をしています。 たったいま、その執筆がひととおり終わりました。 もちろんひとまず最後まで書き切っただけで、これから二巡目の推敲に入っていくことになります。大幅な書き換えが必要な部分も出てくるかもしれません。 「あとがき」などもこれから書かないといけません。 ゲラ校正などまで考えると、やっと素材の原形質が揃ったという段階に過ぎません。 とは

Comments


bottom of page