top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

『櫛野展正のアウトサイド・ジャパン展』(下)


小林秀雄に「モーツァルトの悲しみは疾走する。涙は追いつけない」という、わかったようなわからんような有名な言葉があります。

賛否両論という言葉がありますが、これらの作品は実に疾走していて、賛も否も論も溶解させるようです。脳は追いつけない。

ただ脳がぐらぐら揺れます。



他者からの批評や評価(ときには非難や嫌悪)にぜったいにぜったいに動かされないこと。

何があろうとも(たとえ何があろうとも)、自分以外の声によって自分を変えないこと。


それがどれだけ難しいことかは、ほとんどの人が生活の場において実感していると思います。炎上したからtweetを削除したり、会議で否定されたから企画書を書き換えたり、少数派になりそうだから発言を控えたり。多くの人はそんなふうに暮らしています。

でもこの人たちは、たぶんそういうことはしない。

譲れないことはぜったい譲らない。

もしかしたら、それがアウトサイダーアートの定義かもしれません。

それは言い過ぎとしても、たぶんアウトサイダーの定義ではありますね。


そう考えてみれば、高い評価を得ていて商業ベースに乗っているオーヴァーグラウンドの作家にも、アウトサイダーアーティストはたくさんいます(たとえば草間彌生はどうか。種田山頭火は。山下清は。つげ義春は。ゴッホは。初期のジャズシーンはアウトサイダー的な表現と人物の巣窟みたいなものです。ちりめんジャコメッティとダリのロブスター電話は、いったい何が違うのか)。


そしてたぶん、我々とアウトサイダーアートの作家たちを隔てる壁も、実は思っているよりはずっと薄いはずです。

みんなどこかに、アウトサイダー的な尖った心を持っているように思います。小さすぎたり、もっと大きくて柔らかい心にくるまれていたりで、こんなふうに外に出せる人は少ないけれど。

こんなふうに生きてみたい。でもそれは難しい。

こんなふうには生きたくない。嫌だ。でも。ちょっと。すごく気になる。

そんなことをぐるぐると考え、脳をぐらぐらと揺らしながら観ました。




この日は、午後に夢の島の第五福竜丸展示館に行き、その足でこの展覧会を観にいったのでした。

だからなおのこと、脳が揺れました。

ありきたりな書き方ですが、人の一生は、とても不思議です。


最新記事

すべて表示

引き続き倦怠感

またしばらく更新が滞りました。 この数日、倦怠感があったり、急に明け方に高熱が出たり、ちょっとだけ参ってました。 本当はこういうときこそブログや日記を書くべきなのかもしれません。 体調がよくて比較的平穏に過ごせているときだけでなく、ちょっと具体が悪いときほど、書き残しておくべきなのだと思います。 しかし頭ではそう思っていても、実際に具合が悪いと、なかなか思ったように書けません。 そういうときは時間

倦怠感が少し

昨日今日くらい、なんだか倦怠感が強く身体がうまく動かない感じ。 ここのところずっと点滴していたステロイドを半量に減らしたので、その影響もあるのだろうか。 身体に力が入らず、集中力に欠ける状態が続いていて、少しつらい。 まあ、こんな日もあるということで、できる範囲・できる時間で仕事をしていくしかない。 スピッツの新譜を聴きながら仕事。 あいかわらずのグッドメロディ。学生の頃から聞いてきた音楽。 なん

19日、20日の日記

5月19日(金) 昨日は実に眼福なものを拝見する。 公開してもいいものかどうかわからないのでここに詳しいことを書くことはできず、思わせぶりな書き方になってしまいけれど、本当に恐縮かつ光栄なことでした。 ごくごく身内にだけ見せて、感涙に咽んだのでした。 5月20日(土) 午後からイベント3連発。 13時から第4回聖書読書会。 マタイによる福音書。今日読んだ最後の節が、イエスがガダラの人を癒すというく

Comments


bottom of page