• みずき書林

『櫛野展正のアウトサイド・ジャパン展』(下)


小林秀雄に「モーツァルトの悲しみは疾走する。涙は追いつけない」という、わかったようなわからんような有名な言葉があります。

賛否両論という言葉がありますが、これらの作品は実に疾走していて、賛も否も論も溶解させるようです。脳は追いつけない。

ただ脳がぐらぐら揺れます。



他者からの批評や評価(ときには非難や嫌悪)にぜったいにぜったいに動かされないこと。

何があろうとも(たとえ何があろうとも)、自分以外の声によって自分を変えないこと。


それがどれだけ難しいことかは、ほとんどの人が生活の場において実感していると思います。炎上したからtweetを削除したり、会議で否定されたから企画書を書き換えたり、少数派になりそうだから発言を控えたり。多くの人はそんなふうに暮らしています。

でもこの人たちは、たぶんそういうことはしない。

譲れないことはぜったい譲らない。

もしかしたら、それがアウトサイダーアートの定義かもしれません。

それは言い過ぎとしても、たぶんアウトサイダーの定義ではありますね。


そう考えてみれば、高い評価を得ていて商業ベースに乗っているオーヴァーグラウンドの作家にも、アウトサイダーアーティストはたくさんいます(たとえば草間彌生はどうか。種田山頭火は。山下清は。つげ義春は。ゴッホは。初期のジャズシーンはアウトサイダー的な表現と人物の巣窟みたいなものです。ちりめんジャコメッティとダリのロブスター電話は、いったい何が違うのか)。


そしてたぶん、我々とアウトサイダーアートの作家たちを隔てる壁も、実は思っているよりはずっと薄いはずです。

みんなどこかに、アウトサイダー的な尖った心を持っているように思います。小さすぎたり、もっと大きくて柔らかい心にくるまれていたりで、こんなふうに外に出せる人は少ないけれど。

こんなふうに生きてみたい。でもそれは難しい。

こんなふうには生きたくない。嫌だ。でも。ちょっと。すごく気になる。

そんなことをぐるぐると考え、脳をぐらぐらと揺らしながら観ました。




この日は、午後に夢の島の第五福竜丸展示館に行き、その足でこの展覧会を観にいったのでした。

だからなおのこと、脳が揺れました。

ありきたりな書き方ですが、人の一生は、とても不思議です。


最新記事

すべて表示

おやうみなさい

布団に潜り込んで、最後の力をふりしぼってこれをフリックしている。 ここ数日バタバタわたわたしていて、今日はもう疲れた。パトラッシュ並みに疲れた。 ここんとこブログ更新が断続的なのもわかっている。こういうのって15分もあれば更新はできる。でも、単に時間さえあれば書けるというものでもないんだ。 気力。というとバカみたいだけど、ある種の勢いがないと、時間があってもなかなか更新はできない。 ここんとこ、そ

喜ばしく楽しく継承すること――『あの夏の絵』公演

昨日、青年劇場の公演「あの夏の絵」を観てきました。 戦争ものの芝居というと、ヘヴィな内容かと想像されます。 もちろん、重い体験談が語られる場面もあるのですが、高校の美術部の友情と葛藤がストーリーの骨子にあるので、観終わった印象は爽やかですらあります。 構造は、ストレートな青春劇です。 登場人物は6人、舞台装置もシンプルで派手な演出もなく、とてもわかりやすい。 わかりやすく、爽やかというのは、戦争の

プロの授業を聴講

先日、知り合いの講義にゲスト参加させてもらう機会がありました。 去年も参加させてもらったのですが、今年はオンラインで。 大川さんの『マーシャル、父の戦場』から、佐藤冨五郎さんの日記を読み解く授業。 内容もさることながら、やっぱりプロのオンライン授業はすごいぜ、と感心しました。 なんちゃって非常勤講師としては、専門家の振る舞いに学ぶところが多かった。 1.PCスキルが高い 2.スライドが見やすい 3

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.