• みずき書林

『櫛野展正のアウトサイド・ジャパン展』(下)


小林秀雄に「モーツァルトの悲しみは疾走する。涙は追いつけない」という、わかったようなわからんような有名な言葉があります。

賛否両論という言葉がありますが、これらの作品は実に疾走していて、賛も否も論も溶解させるようです。脳は追いつけない。

ただ脳がぐらぐら揺れます。



他者からの批評や評価(ときには非難や嫌悪)にぜったいにぜったいに動かされないこと。

何があろうとも(たとえ何があろうとも)、自分以外の声によって自分を変えないこと。


それがどれだけ難しいことかは、ほとんどの人が生活の場において実感していると思います。炎上したからtweetを削除したり、会議で否定されたから企画書を書き換えたり、少数派になりそうだから発言を控えたり。多くの人はそんなふうに暮らしています。

でもこの人たちは、たぶんそういうことはしない。

譲れないことはぜったい譲らない。

もしかしたら、それがアウトサイダーアートの定義かもしれません。

それは言い過ぎとしても、たぶんアウトサイダーの定義ではありますね。


そう考えてみれば、高い評価を得ていて商業ベースに乗っているオーヴァーグラウンドの作家にも、アウトサイダーアーティストはたくさんいます(たとえば草間彌生はどうか。種田山頭火は。山下清は。つげ義春は。ゴッホは。初期のジャズシーンはアウトサイダー的な表現と人物の巣窟みたいなものです。ちりめんジャコメッティとダリのロブスター電話は、いったい何が違うのか)。


そしてたぶん、我々とアウトサイダーアートの作家たちを隔てる壁も、実は思っているよりはずっと薄いはずです。

みんなどこかに、アウトサイダー的な尖った心を持っているように思います。小さすぎたり、もっと大きくて柔らかい心にくるまれていたりで、こんなふうに外に出せる人は少ないけれど。

こんなふうに生きてみたい。でもそれは難しい。

こんなふうには生きたくない。嫌だ。でも。ちょっと。すごく気になる。

そんなことをぐるぐると考え、脳をぐらぐらと揺らしながら観ました。




この日は、午後に夢の島の第五福竜丸展示館に行き、その足でこの展覧会を観にいったのでした。

だからなおのこと、脳が揺れました。

ありきたりな書き方ですが、人の一生は、とても不思議です。


最新記事

すべて表示

中長期的な理想と、直近の怒り

聖心女子大学で開催中の、 「気候変動とスポーツの祭典」 「暮らしから捉え直す SDGs / 気候アクション」 に行ってきました。 家から徒歩10分。もとJICAの施設があった場所です。 一番の感想を先に書いておくと、 個人の〈顔〉が見えるということがとても大事。 ということでしょうか。 気候変動・環境保全についての展示で、日常生活とオリンピックというふたつのコンセプトの展示がシームレスにつながって

料理・歌・テレビドラマ

鶏肉は薄く削ぎ切りにする。 大根も千六本に刻む。 池波正太郎先生の必殺仕掛人シリーズで、梅安と彦次郎が食べる、鳥と大根の鍋。 しっかりめに張った出汁に、ひとすくいの味噌と、醤油と酒を少々。 にんにくと生姜をたっぷり摺り下ろす。 豆腐も入れる。 「千六本にした大根は早く煮える」 という本編とはまるで無関係な一文が挿入されるところが、いい。 〆には、買い置きしてある乾麺のラーメンを入れる。最近、お気に

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.