top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

『母と暮せば』増刷(速ぇ)


増刷。

この甘美かつ危険な響き。


畑澤聖悟さんの『母と暮せば』、2刷決定です。


いま、新宿の紀伊国屋ホールでこまつ座が公演中。

この評判がとても良いらしい。

富田靖子さんと松下洸平さんのふたり芝居。

原案は井上ひさし。

演出は栗山民也。

脚本は言うまでもなく、畑澤聖悟さん。



数日前に、劇場ロビーで売り上げ好調だから補充の依頼がありました。

その後、あれよあれよという間に配本部数が足りなくなり(そう。劇場と小社オンラインショッでは先行発売していますが、一般発売はまだなのです)、増刷を決めました。



こまつ座の公演は、このあと九州を中心に9月まで巡演予定。

劇場でも買えるほか、小社オンラインショップでも発売中です(オンラインショップでご購入いただくと、おまけとしてみずき書林店主の作品評ペーパーが付いてきます)。


芝居はその場限りの芸術で、本はずっと残る表現です。

どちらにもそれぞれの良さがあります。

芝居をご覧になった方、あるいは山田洋次監督の映画版をご覧になった方、その場限りの記憶を抱きかかえるためのよすがとして、本を手元に置いておくのはいかがでしょうか。


ちなみに初版の奥付は青森空襲の日。2刷は長崎の日にする予定。



最新記事

すべて表示

1200件目、書いている本のこと

このエントリーが1200件目となります。 ここまで約5年間。1825日が経過しました。 そのうちの1200日分ブログを書いたということになるので、やはり3日のうち2日書き続けた、という感じでしょうか。 本当はもっと頻繁に更新したかったけど、現実的には2/3でも十分としなくてはならないでしょう。我ながらよく続いています。そしてここまでくれば、このペースをそう乱すこともなくこれからも続けていけそうです

ひとまず書き上げる

いま、みずき書林の通常の編集業務と同時進行で、自分の本の執筆をしています。 たったいま、その執筆がひととおり終わりました。 もちろんひとまず最後まで書き切っただけで、これから二巡目の推敲に入っていくことになります。大幅な書き換えが必要な部分も出てくるかもしれません。 「あとがき」などもこれから書かないといけません。 ゲラ校正などまで考えると、やっと素材の原形質が揃ったという段階に過ぎません。 とは

Comments


bottom of page