top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

『近頃なぜか岡本喜八』チラシ


新刊を出すたびに、書店へのFAX向けにチラシを作ります。

ひとり出版社の場合は、当然ながらこういうのも全部自分で作らないといけません。




小学校の頃は、美術とか図画工作とか得意だったんだけどな。

まあこのチラシ作りは、ある種のセオリーやノウハウがあれば、デザインセンスはさほど重要ではないとも言えるかもしれません。


書店員さんはみんな忙しいので、あまり文字を多くしすぎても読まれません。

数十秒でざっと情報が入ってきて、直感的に判断できるようなチラシが望ましいと思います。

おそらくもっとも大事なのは、

1.書名&コピー(何についての本なのか)

3.価格(いくらするのか)


それをクリアしてはじめて、目次や著者プロフィールに目を向けてもらえることになります。

ちなみにFAXですから、書影とか写真は潰れる場合も多い。

なのでこのサンプルで書影や喜八の写真をあしらったのは、もしかしたら不要かもしれません。

でも作っていると、どうしてもワンポイントが欲しくなるんですよね。




最新記事

すべて表示

1200件目、書いている本のこと

このエントリーが1200件目となります。 ここまで約5年間。1825日が経過しました。 そのうちの1200日分ブログを書いたということになるので、やはり3日のうち2日書き続けた、という感じでしょうか。 本当はもっと頻繁に更新したかったけど、現実的には2/3でも十分としなくてはならないでしょう。我ながらよく続いています。そしてここまでくれば、このペースをそう乱すこともなくこれからも続けていけそうです

ひとまず書き上げる

いま、みずき書林の通常の編集業務と同時進行で、自分の本の執筆をしています。 たったいま、その執筆がひととおり終わりました。 もちろんひとまず最後まで書き切っただけで、これから二巡目の推敲に入っていくことになります。大幅な書き換えが必要な部分も出てくるかもしれません。 「あとがき」などもこれから書かないといけません。 ゲラ校正などまで考えると、やっと素材の原形質が揃ったという段階に過ぎません。 とは

Comentários


bottom of page