• みずき書林

『近頃なぜか岡本喜八』見本完成

小社の記念すべき15冊目の書籍(ただし『いかアサ』を3冊と数えた場合笑)、


近頃なぜか岡本喜八


が完成しました!


店頭に並ぶのは今月末ですが、オンラインで予約をいただいていた方には先行して発送開始しています。

(小社オンラインショップからご注文いただいた方には、恒例のおまけペーパー「みずき書林通信」が付きます。今回は「好きな戦争映画」というテーマで、喜八『肉弾』、キューブリック『フルメタル・ジャケット』、大林宣彦『この空の花』について)


題字は喜八の自筆から集字し、銀箔を捺しています。かっこいいです。

(タイトルは『近頃なぜかチャールストン』のパロディ)


表紙は黒い厚手の用紙に銀刷り。見返しはあえて明るいライムグリーン。



撮影風景からポスターや絵コンテなど、50点以上の貴重な図版を収録。




喜八作品は、つい最近アマプラに大量にアップされ、手軽に観られるようになっています。

数々の名作とともに、本書をぜひご覧くださいませ。


最新記事

すべて表示

石原吉郎とことば――ウェビナー雑感②

4月18日(日)のウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 当日、おそらく一番の焦点のひとつであった、平和博物館と遊就館について、ひとつ前の記事に長々と感想を書きました。 当日の質疑応答ではそのあたりに議論が集中したのですが、それ以外にちょっと備忘録として残しておきたいことがあるので、重ねて書きます。 このエントリーでちょこっと書いておきたいのは、

私たちの現在地の内と外――ウェビナー雑感①

この週末、4月18日(日)に、ウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 が開催されました。 小社の刊行物を中心にしたセミナーが開催されたこと(参加者もかなり多かったとのことです)、大変光栄なことでした。 以下に、本書の編集担当としての若干の感想を書いておきます。 僕は編集担当者ではありますが、気持ちとしては、非アカデミシャンの一市民という感覚で視聴