• みずき書林

『近頃なぜか岡本喜八』記事掲載

『近頃なぜか岡本喜八』

信濃毎日新聞10/31朝刊で紹介されました!


「反戦という「答え」に至る過程にこそ工夫を凝らした岡本の「娯楽の思想」を読み解く」


「映画と戦争の関係性を問い直す一冊」


短い紹介記事ですが、ありがたいことです。

神保町の東京堂書店では、店頭のショーケースに陳列されているとか。

(先日行って、映画棚に平積みされているのは確認したんだけど、ガラスケースにあるとは思っていなかったのでノーチェックだった)


喜八作品は、いまはオンラインで多くの作品が鑑賞できるようになっています。

この機会にぜひ!



最新記事

すべて表示

8月中の記事掲載まとめ

僕が倒れていた8月中に掲載された書評・紹介記事などをまとめておきます。 ★「東奥日報」8月9日(月)★ 『母と暮せば』 評者:青来有一さま 「カトリック信徒への差別やGHQが被爆者を調査はしても治療はしなかった非道な扱いへの怒りを、劇作家がしっかり仕込んでいるのを見逃してはならない」 ★「公明新聞」8月9日(月)★ 『なぜ戦争体験を継承するのか』 評者:福間良明先生 「それにしても、「なぜ戦争体験