• みずき書林

【悲報】吾輩は猫アレルギーである


ソラ(妻の実家で飼い始めた子猫)へ


先週アレルギー検査した結果が今日わかって、僕は猫アレルギーだということが判明した。

こないだ君に会ったときにくしゃみが止まらず、涙がこぼれて、最後は息苦しくなったりしたから、おかしいとは思ってたんだが、やっぱそうだった。



でも心配するな。


重度はクラス2だ。

君は数字は知らんだろうが、一番重いのは6だから、2は弱いほうだ。


それに薬ももらってきた。

前日と当日にそれを飲めば大丈夫だと医者の先生は言っておる。



ついでに言っとくと、スギにも反応があった(知ってた。あのろくでもない花粉症。君は夏に生まれたばかりだからまだ春を知らんだろう。春はスギ花粉が飛ぶ。ひどいぞ)。

イネ科のハルガヤとギョウギシバとカモガヤとオオアワガエリにも反応があった。

こいつらはクラス3だ。



だから気に病まなくていい。

君だけに特別ダメな反応が出たわけじゃない。

僕はデリケートなんだ。

でもできるなら、あまり皮膚を落とさぬように留意してくれ。



というわけで、僕は猫アレルギーではあるが、解決策が見つかったので心を休んぜよ。

君はいつもどおりゴロゴロ遊んでいればよろしい。




ところで君は、ハルガヤとギョウギシバとカモガヤとオオアワガエリを知っているか?

生まれたばかりだから知らんだろう。

僕は40年生きているが知らない。

どんな植物なのか見当もつかない。

だから気のつけようもない。

僕が草の近くでくしゃみをしたら、その草がハルガヤかギョウギシバかカモガヤかオオアワガエリだ。

気をつけろ。


にゃ~。








最新記事

すべて表示

駆け込み訴え

ここのところなんやかやと小忙しく、ブログ更新が滞りがち。 昨日は上野で人と会っていたのです。 久しぶりに人数も多かったとはいえ、ちょっと飲みすぎでは? 2合徳利を何本空けたやら。 帰り道ずっと「わたしはユダ。イスカリオテのユダ。げへへ」と呟きながら歩き、家に帰ってからもずっと言ってた。 ちょっと酔ってたと思われる。 今日になっても、若干の酒気とともに、太宰をいくつか読み直してみようかな、という気分

文字を読みまくる週末

世間は4連休らしいが、関係なし。 次の本の最後を飾る、3万字にも及ぶ力作の終章をチェック。 戦争体験の継承、トラウマの感染、歴史実践の可能性について。 先生の胸を借りるつもりで、思うところを長文のメールに書いてお送りする。 ここのところ集中的にやりとりしている原稿。 1年前にハノイで行った美術/工芸家の取材を元にしたテキスト。 ver.7までやりとりして、ようやく完成が見えつつある。 次のZINE

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.