• みずき書林

【悲報】吾輩は猫アレルギーである


ソラ(妻の実家で飼い始めた子猫)へ


先週アレルギー検査した結果が今日わかって、僕は猫アレルギーだということが判明した。

こないだ君に会ったときにくしゃみが止まらず、涙がこぼれて、最後は息苦しくなったりしたから、おかしいとは思ってたんだが、やっぱそうだった。



でも心配するな。


重度はクラス2だ。

君は数字は知らんだろうが、一番重いのは6だから、2は弱いほうだ。


それに薬ももらってきた。

前日と当日にそれを飲めば大丈夫だと医者の先生は言っておる。



ついでに言っとくと、スギにも反応があった(知ってた。あのろくでもない花粉症。君は夏に生まれたばかりだからまだ春を知らんだろう。春はスギ花粉が飛ぶ。ひどいぞ)。

イネ科のハルガヤとギョウギシバとカモガヤとオオアワガエリにも反応があった。

こいつらはクラス3だ。



だから気に病まなくていい。

君だけに特別ダメな反応が出たわけじゃない。

僕はデリケートなんだ。

でもできるなら、あまり皮膚を落とさぬように留意してくれ。



というわけで、僕は猫アレルギーではあるが、解決策が見つかったので心を休んぜよ。

君はいつもどおりゴロゴロ遊んでいればよろしい。




ところで君は、ハルガヤとギョウギシバとカモガヤとオオアワガエリを知っているか?

生まれたばかりだから知らんだろう。

僕は40年生きているが知らない。

どんな植物なのか見当もつかない。

だから気のつけようもない。

僕が草の近くでくしゃみをしたら、その草がハルガヤかギョウギシバかカモガヤかオオアワガエリだ。

気をつけろ。


にゃ~。








最新記事

すべて表示

おやうみなさい

布団に潜り込んで、最後の力をふりしぼってこれをフリックしている。 ここ数日バタバタわたわたしていて、今日はもう疲れた。パトラッシュ並みに疲れた。 ここんとこブログ更新が断続的なのもわかっている。こういうのって15分もあれば更新はできる。でも、単に時間さえあれば書けるというものでもないんだ。 気力。というとバカみたいだけど、ある種の勢いがないと、時間があってもなかなか更新はできない。 ここんとこ、そ

喜ばしく楽しく継承すること――『あの夏の絵』公演

昨日、青年劇場の公演「あの夏の絵」を観てきました。 戦争ものの芝居というと、ヘヴィな内容かと想像されます。 もちろん、重い体験談が語られる場面もあるのですが、高校の美術部の友情と葛藤がストーリーの骨子にあるので、観終わった印象は爽やかですらあります。 構造は、ストレートな青春劇です。 登場人物は6人、舞台装置もシンプルで派手な演出もなく、とてもわかりやすい。 わかりやすく、爽やかというのは、戦争の

プロの授業を聴講

先日、知り合いの講義にゲスト参加させてもらう機会がありました。 去年も参加させてもらったのですが、今年はオンラインで。 大川さんの『マーシャル、父の戦場』から、佐藤冨五郎さんの日記を読み解く授業。 内容もさることながら、やっぱりプロのオンライン授業はすごいぜ、と感心しました。 なんちゃって非常勤講師としては、専門家の振る舞いに学ぶところが多かった。 1.PCスキルが高い 2.スライドが見やすい 3

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.