• みずき書林

あなたがまぶしい


朝起きて、準備を整えて外出。


家の近所の小学校で投票をしてから、国立新美術館の「ウィーン・モダン展」へ。

完成した画やデザインよりも、習作やデッサンに惹かれる。

とりわけ、エゴン・シーレのデッサンがよかった。色がついているところと、線画だけで描き流された部分が混在していて、不思議な調和があるように見える。

クリムトだシーレだココシュカだと次々と見せられるといささか目が疲れてくるが、その色彩の圧のなかで、未完のスケッチに残された余白に魅力を感じる。


今日は夜までSNSやニュースはなるべくチェックしたくない気分なので、あまり見すぎないように。

仕事関係のいくつかの関連ワードで検索だけして、敬意を抱いている人たちの動向だけ確認。


帰宅して一休みして、夕食の用意。

BGMは松任谷由実の名盤『Surf & Snow』(1980)。

そしたら、「まぶしい草野球」で、なぜか涙が流れて止まらない(笑)。



 寝坊できる休みの日にも

 なぜあわててとんでゆくの

 そんなに夢中にさせるもの のぞいてみたい


 ちょっと高いフライ 雲に溶けてボールが消えた

 今日はじめて見た あなたがまぶしい草野球



野球なんてまったく興味ないのに。

子どもの頃から何度も聞き流している曲なのに。

なんでかしらないが、じわじわ泣けてしかたがない(笑)。

どうしたというのでしょう(苦笑)。


あまり蒸し暑いのであえて鍋。豚肉とレタスの塩レモン鍋。

最新記事

すべて表示

駆け込み訴え

ここのところなんやかやと小忙しく、ブログ更新が滞りがち。 昨日は上野で人と会っていたのです。 久しぶりに人数も多かったとはいえ、ちょっと飲みすぎでは? 2合徳利を何本空けたやら。 帰り道ずっと「わたしはユダ。イスカリオテのユダ。げへへ」と呟きながら歩き、家に帰ってからもずっと言ってた。 ちょっと酔ってたと思われる。 今日になっても、若干の酒気とともに、太宰をいくつか読み直してみようかな、という気分

文字を読みまくる週末

世間は4連休らしいが、関係なし。 次の本の最後を飾る、3万字にも及ぶ力作の終章をチェック。 戦争体験の継承、トラウマの感染、歴史実践の可能性について。 先生の胸を借りるつもりで、思うところを長文のメールに書いてお送りする。 ここのところ集中的にやりとりしている原稿。 1年前にハノイで行った美術/工芸家の取材を元にしたテキスト。 ver.7までやりとりして、ようやく完成が見えつつある。 次のZINE

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.