• みずき書林

あなたがまぶしい


朝起きて、準備を整えて外出。


家の近所の小学校で投票をしてから、国立新美術館の「ウィーン・モダン展」へ。

完成した画やデザインよりも、習作やデッサンに惹かれる。

とりわけ、エゴン・シーレのデッサンがよかった。色がついているところと、線画だけで描き流された部分が混在していて、不思議な調和があるように見える。

クリムトだシーレだココシュカだと次々と見せられるといささか目が疲れてくるが、その色彩の圧のなかで、未完のスケッチに残された余白に魅力を感じる。


今日は夜までSNSやニュースはなるべくチェックしたくない気分なので、あまり見すぎないように。

仕事関係のいくつかの関連ワードで検索だけして、敬意を抱いている人たちの動向だけ確認。


帰宅して一休みして、夕食の用意。

BGMは松任谷由実の名盤『Surf & Snow』(1980)。

そしたら、「まぶしい草野球」で、なぜか涙が流れて止まらない(笑)。



 寝坊できる休みの日にも

 なぜあわててとんでゆくの

 そんなに夢中にさせるもの のぞいてみたい


 ちょっと高いフライ 雲に溶けてボールが消えた

 今日はじめて見た あなたがまぶしい草野球



野球なんてまったく興味ないのに。

子どもの頃から何度も聞き流している曲なのに。

なんでかしらないが、じわじわ泣けてしかたがない(笑)。

どうしたというのでしょう(苦笑)。


あまり蒸し暑いのであえて鍋。豚肉とレタスの塩レモン鍋。

最新記事

すべて表示

具合悪い。

といっても、流行り病などではない。 朝から飲まず食わずなところへ、発泡剤とバリウムを飲まされて、台の上でぐるんぐるんにされて。 ほんとに嫌いなんだよな。 そのあと、下剤まで飲まされてさ。 これをやるたびに、その日ずっと体調が悪い。 食欲がなく、お腹がどんよりして、10歳くらい歳をとったような気がする。 な~にが健康診断だよ。 この薄甘い水溶きセメントを飲まされるたびに、僕は心身ともに弱っていく。

ゆるゆる決算ふわふわ経理

決算。 税理士さんとの打ち合わせ。 決算・経理系の話し合いだけは、いつになく真面目な顔でやるのですが…… 税「今年はけっこうたくさん本を出しましたね」 僕「はい。それなりに」 税「今年刊行した本を確認していきたいんですが、(書類をめくりながら)まずこのどんどんと……ええと……」 僕「ああ、はい。むきむきですかね」 税「そうですね、どんどんとむきむき。それとこのうとうと……」 僕「うとうと? うとう

「なぜ歴史に関心があるんですか?」

この1週間で、2回同じ質問をされました。 「どうして戦争や近現代史の本を出すようになったんですか?」 2回とも、うまく答えられませんでした。 というか、ひとに言うほどのカッコいいストーリーがあるわけではないんです。 無理に説明しようとすれば、いくつかの要因はあるかもしれません。 たとえば、 『火垂るの墓』を観に行ったとき、隣で号泣していた祖母のこと。 高校時代の担任で、かわいがってくれた歴史の先生