• みずき書林

あなたが旅に出る理由


時間に遅れないように早めに電車に乗って。

予定通り少し早めにテーブルについたらメニューを開いて。

トーマンクンもソムタンも美味しそうだとオーダーの計画を練る。

そんなふうに人を待っているのが楽しい。


ラム肉をトマトソースで煮込んだり。

白ワインを注いでムール貝が開くのを見守ったり。

みじん切りにした玉ねぎをじくじく炒めたり。

みんなが来る時間を気にしながら、そんなことをしているのが楽しい。


指定された喫茶店に少し早く着いて。

紅茶を飲みながら本を読んで待っている。

そのうちドアが開く音がして、背後に人の気配がして。

そんなふうに待ち合わせるのも楽しい。



空港の出発フロアの軽躁的な喧噪。

なかなか寝付けない機内で、読書灯の下で読む文庫本。

いつだってちょっと興奮する、外国の初日の朝の光。

歩いていると、にこにこと笑いかけてくる見知らぬおばさん。

あなたはそういうことをしているのが楽しいのだろう。

僕はそういう景色を想像するのが楽しい。


かつて小沢健二は言いました。


 ぼくらの住むこの世界では旅に出る理由があり

 誰もみな手を振ってはしばし別れる


いまは、あなたが旅に出る理由がよくわかる。

気をつけて。良い旅を。