top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

あなたが旅に出る理由


時間に遅れないように早めに電車に乗って。

予定通り少し早めにテーブルについたらメニューを開いて。

トーマンクンもソムタンも美味しそうだとオーダーの計画を練る。

そんなふうに人を待っているのが楽しい。


ラム肉をトマトソースで煮込んだり。

白ワインを注いでムール貝が開くのを見守ったり。

みじん切りにした玉ねぎをじくじく炒めたり。

みんなが来る時間を気にしながら、そんなことをしているのが楽しい。


指定された喫茶店に少し早く着いて。

紅茶を飲みながら本を読んで待っている。

そのうちドアが開く音がして、背後に人の気配がして。

そんなふうに待ち合わせるのも楽しい。



空港の出発フロアの軽躁的な喧噪。

なかなか寝付けない機内で、読書灯の下で読む文庫本。

いつだってちょっと興奮する、外国の初日の朝の光。

歩いていると、にこにこと笑いかけてくる見知らぬおばさん。

あなたはそういうことをしているのが楽しいのだろう。

僕はそういう景色を想像するのが楽しい。


かつて小沢健二は言いました。


 ぼくらの住むこの世界では旅に出る理由があり

 誰もみな手を振ってはしばし別れる


いまは、あなたが旅に出る理由がよくわかる。

気をつけて。良い旅を。



最新記事

すべて表示

引き続き倦怠感

またしばらく更新が滞りました。 この数日、倦怠感があったり、急に明け方に高熱が出たり、ちょっとだけ参ってました。 本当はこういうときこそブログや日記を書くべきなのかもしれません。 体調がよくて比較的平穏に過ごせているときだけでなく、ちょっと具体が悪いときほど、書き残しておくべきなのだと思います。 しかし頭ではそう思っていても、実際に具合が悪いと、なかなか思ったように書けません。 そういうときは時間

倦怠感が少し

昨日今日くらい、なんだか倦怠感が強く身体がうまく動かない感じ。 ここのところずっと点滴していたステロイドを半量に減らしたので、その影響もあるのだろうか。 身体に力が入らず、集中力に欠ける状態が続いていて、少しつらい。 まあ、こんな日もあるということで、できる範囲・できる時間で仕事をしていくしかない。 スピッツの新譜を聴きながら仕事。 あいかわらずのグッドメロディ。学生の頃から聞いてきた音楽。 なん

19日、20日の日記

5月19日(金) 昨日は実に眼福なものを拝見する。 公開してもいいものかどうかわからないのでここに詳しいことを書くことはできず、思わせぶりな書き方になってしまいけれど、本当に恐縮かつ光栄なことでした。 ごくごく身内にだけ見せて、感涙に咽んだのでした。 5月20日(土) 午後からイベント3連発。 13時から第4回聖書読書会。 マタイによる福音書。今日読んだ最後の節が、イエスがガダラの人を癒すというく

Comments


bottom of page