top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

あなたとあなたに触れたきに

朝からがんセンター。

いつもどおり、診察の後、ケモ。

オキサリプラチンを使わなくなってから、ケモの時間も短縮されてありがたい。いつもどおり、と書けるのもありがたいことだ。

待ち時間、ケモの間、ずっと永田和宏・河野裕子『たとへば君――四十年の恋歌』を読む。

昔いちど読んだ本だけど、いま読むと――がんセンターの待合室で読むと、やっぱり違う。ほろほろ泣きながら読む。


終わった後は妻と銀座でランチ。

銀座の裏のほうには、行ったことのない、美味しそうなお店がたくさん。

ここもあそこも行きたいね。


そのあと、ひとりで東京駅まで歩く。

ステーションホテル内の虎屋カフェで、本の続きを読みながらまた泣く。

いい年した男がひとりで羊羹をつまみながら涙をぬぐっているというのは、どう考えても不格好だが。

このお店も、昔たまに打ち合わせや取材で使っていた。

懐かしいですね、僕はまだ前の会社にいたころですよ。


それから友人たちと会う。

よく食べて、よく喋るのが一番。


「しかし、楽しければ楽しいだけ、そのことによって減っていく時間はいっそう切実に惜しまれるのである」――永田和弘、前掲書「残された時間」より






最新記事

すべて表示

もう一度ちからを

ずいぶん更新が滞りました。 まだ長い文章を書く余力がありません。 ただ自宅に戻り、療養しています。 どうか見守ってください。 ふたたび仕事をしたり、みなと会ったりする力を取り戻せますように。

退院しています

昨日、退院して自宅に戻っています。 ただし体調は万全とはいかず、吐き気、お腹の張り、高熱に苦しんでいます。 せめてそのうちどれかひとつだけでも治ってくれるといいのですが。 昨日も今日も仕事を再開するなど本格的な再起動にはほど遠く、ただベッドで横になっていただけです。焦ってはいけないと言い聞かせつつ。

明日退院予定

今日退院予定でしたが、まだ病院にいます。 明日には退院予定です。 しかし体調は悪く、病状は一歩悪くなったという自覚があります。 吐き気とお腹の張りが慢性的にあり、苦しい。 点滴のほかに鼻とお腹からチューブが出ているから、見た目にもかなり痛々しいと思います。(次に僕に会う人は、引かないようにお願いします) 入院前のように普通に振る舞うことはもうできないかもしれません。長時間大きな声で喋ると吐きそうに

bottom of page