• みずき書林

あなたの声がききたい(自分の声は聞きたくない)

こないだ、アーヤさんと打ち合わせ(雑談)してたら。

取材後の文字起こしって、さっさとやったほうがいいに決まってるんだけど、自分の声を聞かないといけないかと思うとほんとに嫌になって後回しにしがち。ということをおっしゃっていた。


すごいわかる。


ほんとそれ。


ほかの人が喋ってるのを聞き直すのはぜんぜん問題ない。

あなたたちの声は、なにも気にならない。

ただ自分の声とか喋り方とか、そういうのを聞かないといけないのはとにかく嫌で、できればスルーしたい。

普段こんな喋り方なのかと思うと、ほんといやんなる。


だから自分がけっこう喋っちゃったインタビューとか、つい後回しにしちゃう。

このままだと、後の文字起こしのことを考えて、現場で無口になりそう。



あと、FBやブログで日常的に発信していると、元気&やる気な面を出さなきゃいけなくて、ほんとに切実な思いは(まわりが心配するから)書けないよね~wという発言も、わかりみが強かった。



ところで局地的に話題のこのボイスレコーダー(AutoMemo)、実際どうなんだろう?

来年も取材ものの企画があるので、ものすごく試してみたい。

しかし本体がわりと高いうえに、毎月1時間を超える場合は月額980円か……。


Googleの自動音声よりも格段にいいのか?

どうなんだ?

格段にいいのなら、欲しいぞ。


クラウドで自動文字起こしできるボイスレコーダー発売、ソースネクスト


しじみーず。本文とは関係ありません。

最新記事

すべて表示

出版計画2021

今年の出版計画。 まだ情報アップできない企画も多いのでゆるっとしか書きませんが……。 大川史織編著 『なぜ戦争をえがくのか―戦争を知らない表現者たちの歴史実践』 蘭信三・小倉康嗣・今野日出晴編 『なぜ戦争体験を継承するのか―ポスト体験時代の歴史実践』 この2点はもうすぐ刊行。 それに続くのが、 野入直美著『沖縄-奄美の境界変動と人の移動―実業家・重田辰弥の生活史』 このあたりまでは確定。 そのほか

2020年、みずき書林の5大ニュース

大晦日ですね。 以下今年のニュース。 順番は重要度ではない。起こった順。 1.正月早々高熱を発して寝込む (寝てたら下瞼のくぼみに汗が溜まるくらい高熱だった。いま思えばあれはインフルだった) 2.紅茶をこぼして、キーボードを壊す。 (地味だ) 3.電子化した (全アイテムはまだなんだけど。しかしわかっていたことではあるが、別に電子化したからといって売り上げが目に見えてアップするわけではなかた……)

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.