• みずき書林

いかにして『マーシャル、父の戦場』は山田先生に受容され......


「あれ。どうして山田先生のブログにこの写真が……?」

と脳の片隅では思いながらも、あまりにも見慣れたカバー写真なので深く考えずにクリックしたら……。



とても嬉しいことになっていました……!!

→ ひとり出版社さん



『いかアサ』のイラストを描いてくださった山田南平先生が、『マーシャル、父の戦場』を読んで下さっている……(全然知らなかった)。


この書籍の編者の大川さんは、同時に映画『タリナイ』も公開しています。

その映画が大阪で公開されたときに、『いかアサ』編者の岡本先生と小宮先生も、連れ立って映画を観にいってくださっているのです。



かたや、アーサー王伝説。表現形式は漫画と研究。

こなた、マーシャル諸島の歴史。表現形式は映画。


僕はそんなみんなと、本を作りました。


内容や形式を超えて、書籍という共通項でほんの少しずつでも繋がるなら、版元としてこんなに嬉しいことはありません。



クッキーも増刷出来!(グッズ作りすぎ)



最新記事

すべて表示

遠く離れた同じ景色

画面の左手前に砂浜が映っていて、そこにゆったりとした波が寄せては返します。 砂浜は湾曲しながら遠くまで続いていて、海を迂回するように右に細く伸びています。伸びた先は画面の右奥、海の向こうに、遥かに島が続いています。 空には動かない雲が幾層にも重なっています。 波の音だけ聞こえます。 ともにわずか数十秒の、とてもよく似た景色を映したふたつの動画を、同じ日にもらいました。 ひとつは夕陽で、ひとつは朝日

初心

次の本の入稿作業。 もう何度も見なおしているゲラなのに。 今頃になって。 前付の台割に修正が生じる。 目次と章題の表記が違っていることに気づく。 いずれも軽微というか――組版担当の方にご面倒をおかけしたものの――対応可能な修正ではあったが。 しかし今の今まで見落としていたことに、われながらうんざりする。 この本がISBNを付した市場流通本としては10冊目で、そろそろ油断が出るころかもしれない。 前

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.