• みずき書林

『いかアサ』速報⑤――本文レイアウト完成!


本文のレイアウトが完成しました。

デザインは宗利淳一さん。

大きく分けて、論考編とインタビュー編とコラム編にわかれます。

今回は、本文の大半を占める論考編と、各部をつなぐブリッジでもあるコラム編のレイアウトをご紹介します。

(テキストは目下校正中ですので変更になる場合があります)



論考編(編者岡本先生のゲラより)

論考は、中世写本をイメージして、見出し冒頭に飾り文字を入れます。

飾り文字は先にご紹介したカリグラファー・河南さんの制作。

そしてこのゲラでは未処理ですが、最終的には主要人物や主要ワードは赤字で印刷します。これは索引として視認性を高める機能ももちますし、なによりキャクストン写本へのオマージュでもあります。



コラムはタイトル周りはシャープにしつつ、注は写本のマージナリア(欄外注)を意識しています。

あえて上下の段で行をずらすという荒業も使いつつ。


コラム編(椿さんご執筆)

コラムの執筆は椿侘助さん

通しタイトルはその名も「沈め! アーサー王物語の沼」!!

コラム1は「円卓の騎士萌え」。

そのあとに続くタイトルのみご紹介すると……。

「2 一途なところが可愛いランスロット」

「3 円卓一のプレイボーイ・ガウェイン」

「4 その他魅力的な騎士たちの一部」

「5 えっ、BL……? 騎士たちの濃すぎる友情」

椿さんのコラムの特長は、徹頭徹尾原典萌えというところです。

ゲームやアニメではなく、あくまで原典を読みこんで萌え、そこから妄想を逞しゅうするという、実はかなり資料性のレイヤーが深く、想像力の解像度が高い内容となっています。



残るインタビュー編も近日ご紹介できるかと思います。



本文レイアウトについては、ほかにも各章タイトルや巻末の執筆者一覧などでもちょっとしたアイデアがあり、細かいところで遊びたいなと思っています。

ご期待ください!

最新記事

すべて表示

勝手にアンソロジーを編む

自分のライフタイム・短編小説アンソロジーを編んだらどうなるだろうか。 と思いついて、ひとまず10作選んでみました。 安岡章太郎「夕陽の河岸」 村上春樹「蜂蜜パイ」 ジュンパ・ラヒリ「三番目で最後の大陸」 レイモンド・カーヴァー「ささやかだけれど、役にたつこと」 芥川龍之介「藪の中」 太宰治「駆け込み訴え」 中島敦「名人伝」 泉鏡花「歌行燈」 石川淳「紫苑物語」 三浦哲郎「みのむし」 漏れているもの

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.