top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

『いかアサ』速報③――装飾文字!


本書では、カリグラファーの河南美和子さんに装飾文字を制作いただいています!


河南さん制作の装飾文字たち(解像度はやや落としてあります)

実に美しいです。

そしてひとつひとつに違う模様が描かれているので、見ていて飽きません。

本文の見出し部分に使用する予定です。

こんなふうな見出しデザインにすることで、本全体に中世風の香りが出てくると思います。

(いまはスミとマゼンタ100%で制作していますが、実際にはマゼンタ部分はもっと深い特色アカで刷る予定です)


ただ、せっかく綺麗な飾り文字を作っていただいたのに、後半の6~10などはあまり登場頻度が高くなさそうなのがちょっと残念です。


というわけで、未入稿の先生方(苦笑)、見出しは多めでお願いします!



これらの美しい文字たちを用いた気になる本文デザインは、次の速報で。


最新記事

すべて表示

1200件目、書いている本のこと

このエントリーが1200件目となります。 ここまで約5年間。1825日が経過しました。 そのうちの1200日分ブログを書いたということになるので、やはり3日のうち2日書き続けた、という感じでしょうか。 本当はもっと頻繁に更新したかったけど、現実的には2/3でも十分としなくてはならないでしょう。我ながらよく続いています。そしてここまでくれば、このペースをそう乱すこともなくこれからも続けていけそうです

ひとまず書き上げる

いま、みずき書林の通常の編集業務と同時進行で、自分の本の執筆をしています。 たったいま、その執筆がひととおり終わりました。 もちろんひとまず最後まで書き切っただけで、これから二巡目の推敲に入っていくことになります。大幅な書き換えが必要な部分も出てくるかもしれません。 「あとがき」などもこれから書かないといけません。 ゲラ校正などまで考えると、やっと素材の原形質が揃ったという段階に過ぎません。 とは

Комментарии


bottom of page