• みずき書林

『いかアサ』速報②――関連するシンポジウム、学会

最終更新: 2018年11月9日


11/10(土)13時より、立命館大学衣笠キャンパスにて、シンポジウム「日本のファンタジー文化における西洋中世のイメージの源泉と受容」が開催!


発表者は岡本広毅先生(立命館大学)、松本涼先生(福井県立大学)、小宮真樹子先生(近畿大学)。

岡本先生と小宮先生は本書のダブル編者です。

本書のTwitterはこちら


いよいよ今週末。もう直近です。

ご関心のある方はぜひご参加ください!




そして12/8(土)には、慶応大学日吉キャンパスにて、国際アーサー王学会日本支部の年次大会です。

不破先生、小路先生、斉藤先生、小宮先生など、本書執筆陣も多数参加します。

学会の公式Twitterはこちら


学会ではありますが、過去には「ガウェイン裁判」という裁判形式のシンポジウムを行うなど、ユニークかつ一般の方にも楽しめる企画を行っています。

今回は、あの斉藤洋先生の講演もありますし。




余談ですが、12月8日は1941年真珠湾攻撃の日であり、1980年にはジョンが撃たれた日でもあります。

なので個人的に、歴史やポップカルチャーについてちょっと思いを馳せる日です。


最新記事

すべて表示

『なぜ戦争体験を継承するのか』書評&オンラインシンポ

昨日5月9日の北海道新聞朝刊に、 『なぜ戦争体験を継承するのか』 の書評が掲載されました! こちらから全文を読むことができます。 評者は武蔵大学の永田浩三先生。 この価格帯の本を一般紙の書評欄に取り上げるのは、なかなか簡単ではなかったかもしれません。 ありがとうございました! * 同書は、7月11日(日)にオンラインシンポジウムが開催される予定です。 先日のウェビナーに続く第2段で、今回は、吉田裕