top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

いくつかのいいニュース



夕方までは普通の一日だったけど、17時を回ったあたりから、いい知らせ・嬉しい連絡が立て続けに舞いこんできました。


本を作った編著者の方たちから。

これから本を作る著者の皆様から。

取引先の人びとから。

旧知の友人たちから。


良い知らせは、一日を救ってくれます。

別に実利が伴っていなくてもかまいません(実利があればなお結構ですが)。お互いにささやかな喜びをわけあって、仕事が前に進んで、気にかけていることがわかれば、それでいいような気がします。


思わせぶりなだけの発言で詳しいことを書かず、いつも独りよがりで恐縮です(笑)。

今日はそんなささやかだけど嬉しいいくつかのニュースのおかげで、穏やかな気持ちで終われそうです。


感謝を。申し上げます。

と書けば、わかってくださるでしょうか。


サンクス。と言っておく。

伝わるかどうかしらんけど。



夜はポトフ。ピンクペッパーの風味がいい。

最新記事

すべて表示

1200件目、書いている本のこと

このエントリーが1200件目となります。 ここまで約5年間。1825日が経過しました。 そのうちの1200日分ブログを書いたということになるので、やはり3日のうち2日書き続けた、という感じでしょうか。 本当はもっと頻繁に更新したかったけど、現実的には2/3でも十分としなくてはならないでしょう。我ながらよく続いています。そしてここまでくれば、このペースをそう乱すこともなくこれからも続けていけそうです

ひとまず書き上げる

いま、みずき書林の通常の編集業務と同時進行で、自分の本の執筆をしています。 たったいま、その執筆がひととおり終わりました。 もちろんひとまず最後まで書き切っただけで、これから二巡目の推敲に入っていくことになります。大幅な書き換えが必要な部分も出てくるかもしれません。 「あとがき」などもこれから書かないといけません。 ゲラ校正などまで考えると、やっと素材の原形質が揃ったという段階に過ぎません。 とは

Comments


bottom of page