• みずき書林

おこもり、おこもり。


明日からの台風がヤバそうなので、昼間にひとっ走りスーパーまで。

3日ほど外出しなくてもいいだけの食材を買ってきました。


玉ねぎやじゃがいも、トマトなど野菜数種。

グレープフルーツ。

カレイの切り身と鳥のささ身。

パンとサラミとレタスも買ったので、万一停電のときにはサンドイッチでも作ります。

ついでに3リットルのボックスワインとビール半ダースも購入。

米とパスタは備蓄があるし、作りおいてある牛テールのシチューと豚汁もあります。


週末は家にこもって映画を観たり本を読んだりしましょう。

おこもり、おこもり。

(早坂先生の口癖だったとのことです。先生はおこもりして脚本を書いていたのでしょうね)


皆さんお気をください。何事も起こりませんように。


最新記事

すべて表示

石原吉郎とことば――ウェビナー雑感②

4月18日(日)のウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 当日、おそらく一番の焦点のひとつであった、平和博物館と遊就館について、ひとつ前の記事に長々と感想を書きました。 当日の質疑応答ではそのあたりに議論が集中したのですが、それ以外にちょっと備忘録として残しておきたいことがあるので、重ねて書きます。 このエントリーでちょこっと書いておきたいのは、

私たちの現在地の内と外――ウェビナー雑感①

この週末、4月18日(日)に、ウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 が開催されました。 小社の刊行物を中心にしたセミナーが開催されたこと(参加者もかなり多かったとのことです)、大変光栄なことでした。 以下に、本書の編集担当としての若干の感想を書いておきます。 僕は編集担当者ではありますが、気持ちとしては、非アカデミシャンの一市民という感覚で視聴