• みずき書林

おまえ自身の驚きとなれ


誰が作者なのかわかりません。

上の句も思い出せません。

検索しても出てこないのです。

ただ下の句が、


おまえ自身の驚きとなれ


もしくは「自分自身の驚きとなれ」みたいなことばでした。


選び抜いたことばを連ねて、それによって自分自身を驚かせよ、という作歌についての歌だったと思います。

ここでの「驚き」とは、救いであり励ましであり喜びであり、つまりは感動ということでしょう。


僕は出版社なので本の話にしますが、書いたものが誰かに読まれるのは嬉しいことですし、それは出版の本質というか前提でもあるわけですが、そのようにして書いたものが、いつの日か自分自身をも驚かせることがあるかもしれません。

それは、苦しいときやしんどいときに、自分にはそれを乗り越えられることを知る、という驚きかもしれません。


でもそれ以上に。自分の成長の軌跡として、自分の人生の輝かしい時間が続いている証として、あなたの荷物の底に自分が作った本があるとすれば。

それはけっこう幸福なことではないかと思うのです。


もしその本の奥付に「発行 みずき書林」と印刷されているなら、それは僕にとっても実に幸福なことなのです。



それにしても、この短歌の上の句、何だったかな……。

どうして思い出せないんだろう。


最新記事

すべて表示

阿呆の条件

ふん。 要するに、自宅でバタバタ人が死んでも、「医療体制は崩壊していない」と言い張れるということか。 僕は極めて温厚な人柄で知られているが、そんな僕でも、お前らはほんとうにアホなのかと思うよ。 アホというのはどういうことか。 ①に、ことばで説明しようという意志がないこと。 言語化能力が低くてもかまわない。でも最低限、ことばを尽くして他者に説明しようとする意志は、リーダーには必要だろう。 ②に、まっ

本が買われる瞬間

28日(水)、今野書店に向かう。 新しくパネルを設置するため。 簡単なテキストに壁新聞制作中の写真を添えたもの。 しばらくフェア台の前を見張っていると、若い女性客が土門蘭さんの『戦争と五人の女』を買っていく現場に遭遇。 嬉しくてまた抱きつきそうになる(抱きつかないが)。 帰りの電車の中で土門さんにメール。 初回納品の大半が売れて残部1になったので、補充することに。 その足で森岡書店へ。 最後のイン