• みずき書林

おやうみなさい


布団に潜り込んで、最後の力をふりしぼってこれをフリックしている。

ここ数日バタバタわたわたしていて、今日はもう疲れた。パトラッシュ並みに疲れた。


ここんとこブログ更新が断続的なのもわかっている。こういうのって15分もあれば更新はできる。でも、単に時間さえあれば書けるというものでもないんだ。

気力。というとバカみたいだけど、ある種の勢いがないと、時間があってもなかなか更新はできない。

ここんとこ、その勢いをやるべき仕事だけで使い切っちゃってる感じ。15分あればメールの返信がひとつできるから、そっちを優先しちゃう。ま、そっちが本業なんだからそれでいいんだけど、それやったら力尽きちゃう。


認めたくないものだな、自分自身の疲労ゆえの過ちというものを。

最新記事

すべて表示

やめることは簡単なことではありません。

首相が「五輪をやめることは一番簡単なこと、楽なことだ。挑戦するのが政府の役割だ」と語ったとのこと。 やめるのは簡単なこと、楽なことではない。ある場合には、もっとも難しいことになる。 やめることは、始めることよりもはるかに難しい。 かつて、進むか退くかの判断に立たされた時に、この国の為政者や軍人たちは進むことを選択し、その結果、事態をより悪化させることになった。 彼らはなぜ進むことを選択したのか。そ