• みずき書林

お勧めの長篇小説

先日の講義で、ゲスト講師の堀郁夫くん(春陽堂書店編集部)に、

「小説限定で、お勧めの1冊は?」

と即興で訊いてみました。


彼は少々迷った挙句に安部公房の『壁』乃至『砂の女』を挙げました。

直後に同じ質問を逆に問い返されて、咄嗟に、


1.村上春樹『ダンス・ダンス・ダンス』


を挙げたのは、後悔はないけど、いささか性急に過ぎた感じもあります。

そこで、あくまで学生に勧めるとして――そして他人には「お勧めの1冊」と訊いておきながら自分は10冊も挙げるのはずるいと言われるのは承知の上で――あらためて「小説限定(より正確にいえば長編小説限定。順不同)」でのお勧め本です。



2.堀田善衛『路上の人』

3.グレアム・スウィフト『ラストオーダー』

4.司馬遼太郎『燃えよ剣』

5.デヴィッド・ロッジ『交換教授』

6.ジュリアン・バーンズ『10 1/2章で書かれた世界の歴史』

7.吉行淳之介『暗室』

8.筒井康隆『ロートレック荘事件』

9.池波正太郎『藤枝梅安シリーズ』

10.谷崎潤一郎『細雪』



最新記事

すべて表示

名前の由来である人の代表作であるにもかかわらず不勉強にして今まで未読だった、鷗外森林太郎の『渋江抽斎』を読了。 延々淡々とした記述に、自分はいったい何を読まされているのだろう?と思いながら読み進めていくと、以下の文章に行き当たります。 「わたくし」というのは当然、鷗外自身のことです。 「わたくしはまたこういう事を思った。抽斎は医者であった。そして官吏であった。そして経書や諸子のような哲学方面の書を