• みずき書林

お金持ちになったら


数日前に森鷗外を読み直す、と宣言したものの、なかなかそんな悠長な読書はできません。

ぼちぼち続けてはいきますが、ひとりの作家だけを処女作から絶筆まで通読するような読み方は、なかなかできそうにありません。


ほかにも読みたい本・読むべき本がたくさんあって、それは僕にとって、まさにいま読むことに大きな意味がある本です。



そういえば先週、講義のゲストに来てくれた倉庫の社長と話をしていて、「もしも万が一、お互いの事業が大成功して金持ちになったらどうするか」という話になりました。

そして、好きなように仕事して、いささかの酒代と本代があればいいや。という結論になりました。


それってある意味、もうほとんど実現してるよね。

まあ、もう少し金銭的な安心感はあってもいいかもしれないけど(苦笑)、ともあれお金があっても、することはいまとそんなに変わらないんだろうな。

好きな本出して、買って、好きな人と好きな酒飲んで。


贅沢は言わない。たとえば朝はハムエッグかバターとチーズのオムレツ。柑橘系のフルーツに温かい紅茶。

昼は豆腐で瓶ビール。冷酒を一合。せいろを一枚。

夜はオイルベースかトマトソースベースの簡単なパスタ。セコンドは魚介と野菜の蒸し物か、鶏のロースト。もちろん自分で作る。

あるいは出汁巻とポテサラと焼き鳥各種。

なんにせよビール。多少のワインもしくは日本酒。


その間つねに、読む本もしくは出す本について話せる相手がいれば、もうそれでいいや。




最新記事

すべて表示

おやうみなさい

布団に潜り込んで、最後の力をふりしぼってこれをフリックしている。 ここ数日バタバタわたわたしていて、今日はもう疲れた。パトラッシュ並みに疲れた。 ここんとこブログ更新が断続的なのもわかっている。こういうのって15分もあれば更新はできる。でも、単に時間さえあれば書けるというものでもないんだ。 気力。というとバカみたいだけど、ある種の勢いがないと、時間があってもなかなか更新はできない。 ここんとこ、そ

喜ばしく楽しく継承すること――『あの夏の絵』公演

昨日、青年劇場の公演「あの夏の絵」を観てきました。 戦争ものの芝居というと、ヘヴィな内容かと想像されます。 もちろん、重い体験談が語られる場面もあるのですが、高校の美術部の友情と葛藤がストーリーの骨子にあるので、観終わった印象は爽やかですらあります。 構造は、ストレートな青春劇です。 登場人物は6人、舞台装置もシンプルで派手な演出もなく、とてもわかりやすい。 わかりやすく、爽やかというのは、戦争の

プロの授業を聴講

先日、知り合いの講義にゲスト参加させてもらう機会がありました。 去年も参加させてもらったのですが、今年はオンラインで。 大川さんの『マーシャル、父の戦場』から、佐藤冨五郎さんの日記を読み解く授業。 内容もさることながら、やっぱりプロのオンライン授業はすごいぜ、と感心しました。 なんちゃって非常勤講師としては、専門家の振る舞いに学ぶところが多かった。 1.PCスキルが高い 2.スライドが見やすい 3

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.