• みずき書林

こういうの苦手なんだけどね。

ツイッターやブログで発信をするのが基本的に苦手である。


もともとシャイで引っ込み思案で、人前で話をするのを避けようとする傾向がある。

営業トークが不得意で、立食パーティは嫌い(いい大人がみんなで集まって歩き食いなんて、しなくてもいいだろうに)。飲み会などで、ふと気づくと4人くらいが僕の話に耳を傾けていたりするだけで、軽くパニックになる。前職では毎日朝礼をやっていたが、いま思うと狂気の沙汰である(毎朝毎朝、手を変え品を変え気の利いたことを言うなんて、柳家小三治でも無理に決まってる)。

そんな恥ずかしがり屋で自意識過剰な自分が、不特定多数に向けて文章を発信するなど、簡単にできるわけがない。


しかしひょんなことから、自分で発信しないといけない立場になってしまった。お金をかけて新聞や雑誌に広告を出す余裕はないし、ほかにだれか広報担当者がいるわけでもないし。

ウェブは効果大・コスト低の広告手段と心得て、口コミ頼りで、自分でウェブにテキストをアウトプットしていくしかない。

しかし、

「ツイッターは、ガンガンいこうぜの精神でいきましょう」

とか、

「とにかく思いついたことは書いておこう」

とか、

「制作のプロセスまで晒して、プロセス自体を宣伝材料にしよう」

とか、人にはいろいろ知ったふうなことを言えるものの(笑)、自分で実行するのはなかなか難しい。


とはいえ、この際そんなことを言っている場合ではない。


もうすぐ、ずっと力を入れてきた本が何冊か刊行になる。

新しい企画もいくつか動き始めた。

いずれもとても面白いと信じられるものだが、その面白さは、言わないとなかなか伝わらない。

本の魅力を伝えるべく、ここはひとつ慣れない情報発信に力を注ぎましょう。


最新記事

すべて表示

オンライン、たまに対面

今年はじめて、対面での打ち合わせ。 夕方にすごく久しぶりにデザイン事務所を訪れ、3人でミーティング。 もちろんマスク完備で1時間ほど。 その他の今月のスケジュールは、 ・オンライン会議×1件 ・オンライン研究会×1件 ・オンラインでの自分の授業×2コマ ・オンラインでの他の先生の授業への参加×1件 ・オンライン呑み会×2件 とオンライン・オンパレード。 そのなかにあって、時間帯と場所を選べば――そ

出版計画2021

今年の出版計画。 まだ情報アップできない企画も多いのでゆるっとしか書きませんが……。 大川史織編著 『なぜ戦争をえがくのか―戦争を知らない表現者たちの歴史実践』 蘭信三・小倉康嗣・今野日出晴編 『なぜ戦争体験を継承するのか―ポスト体験時代の歴史実践』 この2点はもうすぐ刊行。 それに続くのが、 野入直美著『沖縄-奄美の境界変動と人の移動―実業家・重田辰弥の生活史』 このあたりまでは確定。 そのほか

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.