top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

こがらしや


茄子の辛子漬けを作りました。

ほんとうは、何という種類なのか知らないけど、親指の先くらいの小さな茄子で作りたかったんだけど、近所の店ではそんなのは手に入らないので、普通の丸茄子を適当な大きさにカットして。



写真はあんまり美味しそうじゃないけど。

でも美味しかった。

白いご飯に合います。

日本酒にも合います。

昔から好きなんですよ。茄子の辛子漬け。



辛子漬けといえば、


こがらしや富屋の店の壺の中


早坂暁先生のお父さんの作です。

「こがらし」という季題を、自分のうちの商家で商っている「小辛子漬け」だと勘違いしたお父さんが詠んだ珍句。

以来、壺中と号するようになったとか。



こがらしやコロナでこもる小屋の中


もう7月ですね。

木枯らしはほどとおい季節だけども。

最新記事

すべて表示

穴子のお寿司だけ

今日書いた原稿より部分的に抜粋。 病気になるのは悲しいけれども、悪いことばかりではない、という話。 * 家の近所に、昔よく通っていた寿司屋がある。ランチのセットが安くて美味しい。休日の昼にたまに妻とふたりで行っては、ランチセットで日本酒を飲んだりした。 今日のお昼は久しぶりにそこのランチをテイクアウトしてきた。僕はもうほとんど食べられないので、一人前だけのテイクアウト。 (ふたりで店に入って一人前

Comentários


bottom of page