• みずき書林

ここから始める文学研究


ここから始める文学研究』の見本が出来上がってきました。

二松学舎大学の教科書として制作したものですが、市販もしています。

もちろん小社オンラインショップからも購入可能です。


文学研究の眼目を整理した「Ⅰ基礎知識」、アカデミックタームをコンパクトにまとめた「Ⅱ文学理論」は読みごたえがあります。


そのうえで、泉鏡花、田山花袋から目取真俊、津村記久子まで8編の短編を収録。


NDLからMaruzen eBook Libraryまで文学館・図書館やオンライン・ライブラリまでを整頓した「Ⅳ巻末資料」も初学者にはうってつけ。


***


本書は初版からオンデマンドで制作しました。

・教科書購入者との誤差を最小限に留め、必要部数だけ作れる。

・在庫を最小限にとどめることで、保管経費を削減する。

・講義の感触に応じて、毎年の改定が容易にできる。

といったメリットを狙っています。


また奥付にあるとおり、本書はJAM編集企画室の堀郁夫氏に編集を委託しました。

堀くんは、ぼくの前職時代の同僚であり、彼がアルバイトとして応募してきて以来、かれこれ10年以上の付き合いです。

このほど、彼もフリー編集者として独立し、近いうちに自分の会社を立ち上げる予定です(ってもうあちこちで自ら言ってることだし、ここで書いてもいいよね? 問題あったら削除するから言って)。

本書は、文学を愛好してきた堀くんへのエールであり、ひとり出版同士の協力のひとつの具体的なかたちでもあります。


というわけで、本書とともに、二松学舎を、堀郁夫君を、小社を、ひとつよろしくお願いします!






最新記事

すべて表示

6月26日(日) 目下進行中の日記にかかわる単行本企画、2度目の研究会兼編集会議。 1530より明治学院大学にてハイブリッド。 対面参加者は田中さん、河内さん、大川さん、僕。 オンラインでは島さん、宋さん、小澤さん、中野さん。 それぞれがこの一カ月で調査してきた日記のプレゼン。 僕は伊藤整、高見順、堀田善衛、高松宮、木戸幸一の日記を調べた。 これらのメジャーな日記は、他の方々が調査した庶民や無名の